サーバーTips

Xserver サーバーIDとは?自分で決める方法、使い方まとめ

2017-04-29

本記事にはプロモーションが含まれています。

Xserver サーバーIDとは?自分で決める方法、使い方まとめ

エックスサーバーを契約すると、サーバーIDというものが割り振られます。サーバーIDはエックスサーバーの申し込み時に、自動で割り振られますが、自分の好きな名前を使うこともできます。

この記事ではサーバーIDの決め方、サーバーIDを使う場面についてまとめています。

この記事でわかること

  • サーバーID(初期ドメイン)とは何か、特徴
  • サーバーIDを自分で決める方法
  • サーバーIDの決め方
  • サーバーIDでできること

エックスサーバーグループのシン・レンタルサーバースターサーバーでも、エックスサーバーのサーバーIDと同じように使うことができます。

現在のXserver キャンペーン

サーバーID(初期ドメイン)とは

エックスサーバーのサーバーIDとは、サーバー契約ごとに割り振られるIDでサーバーアカウント名と同じ役割と言えます。

サーバーの申し込み時には必ず決める項目の一つです。

エックスサーバーのサーバー申し込み画面
エックスサーバーの申し込み・契約内容を決める画面
エックスサーバー 無料お試し期間ありの登録方法とブログの始め方

本記事では無料お試し期間ありでエックスサーバーを申し込み登録する方法、エックスサーバーでWordPressブログを始めるまでの手順をくわしく解説します。 エックスサーバーではキャンペーンを随時開催して ...

続きを見る

サーバーIDは初期ドメインの一部として使われる

サーバーIDは「初期ドメイン」の一部として使われます。エックスサーバーの初期ドメインは以下のような形になります。

サーバーID.xsrv.jp

初期ドメインはエックスサーバーのドメインxsrv.jpのサブドメインとして割り当てられます

サーバー契約中は自由に使えて、サイトを公開することもできます。初期ドメインでできることは、この後で詳しく解説しています。

サーバーIDとサーバー番号の違い

エックスサーバーではサーバーIDと似た感じで「サーバー番号」と呼ばれるものもあります。

サーバー番号は、「契約しているサーバーIDが収容されているサーバー」のことを指します。

サーバー番号は、sv593、sv13440など、svからはじまる数字になっており、数字が大きいほど新しいサーバーになっています。

サーバーID

  • 初期ドメインの一部
    サーバーID.xsrv.jp
  • 名前は自分できめることができる
  • サーバーパネルのログインID
  • サイトが公開できる
    https://サーバーID.xsrv.jp
  • メールアドレスを作成できる
    mail@サーバーID.xsrv.jp

サーバー番号

  • svからはじまる数字がサーバー番号
    収容サーバー名:svからはじまる数字.xserver.jp
  • 自動的に割り振られる
  • 障害やメンテナンスの時に自分のサーバーを確認する時に必要
  • メールの送受信サーバーとして設定する
    svからはじまる数字.xserver.jp
  • FTP接続のホスト名になる
    svからはじまる数字.xserver.jp

サーバーIDを自分で決める、決め方のコツ

サーバーIDには以下のような特徴があります。

  • 自分の好きな名前をつけることができる
  • 既に使われている名前は使えない
  • あらかじめ入力されているのをそのまま使ってよい
  • 一度決めたサーバーIDは後から変更することができない
  • スペルミスなどでも修正不可

サーバーIDを自分で決めるには

エックスサーバーの申し込みフォームでは、サーバーIDは自動で生成された文字列が入力されています。

xsで始まる数字が生成されている

サーバーIDの名前に特にこだわりがない場合は、そのまま使って問題ありません。

サーバーIDを自分で決めたい場合は、入力されている文字列を削除して新たに入力すればOKです。

使えるのは半角英数字、3〜12文字以内です。
「-」ハイフンなど記号は使えません。

サーバーID決め方のコツ

いざサーバー申し込み時にサーバーIDを決めるのって思いの他悩んでしまうところです。サーバーIDを決める際のコツ、ポイントをまとめました。

  1. 他と被らない
  2. 名前、企業名、部署名やサービス・プロジェクトに関連した名前
  3. 簡潔で分かりやすい名前
    長すぎたり(最大文字数は12文字まで)、ランダムな文字列のIDは入力ミスのリスクが高まります。
  4. セキュリティ
    あまりにも予測しやすいIDや簡単すぎるIDはセキュリティ上よくありません。(よくない例:abc1234など誰にでも推測されやすい文字列)

他と被らない名前にする

既に取得されたIDはエラーになります。ユニークで識別しやすいものにします。

「既に登録済みのサーバーIDです、同じサーバーIDは登録できません」とエラー表示されます

名前、企業名、部署名やサービス・プロジェクトに関連した名前をつける

一般的なのは、固有名詞+サービス名などで決める方法です。

法人の場合は、企業名や部署名またはプロジェクトやサービスに関連づければ、分かりやすくなります。

  • お店の名前+業態
  • ショップ名+開業日
  • 会社名+設立年

上記以外にも、自分のドメイン名と同じサーバーIDにしても分かりやすくてよいと思います。

サーバーIDの名付け方例

  • 「ハートフルフラワー」という花屋さん:heartflora
  • ヴィンテージアンティーク品のお店: vintagetre
  • 企業Aのウェブサーバー: compaweb
  • 開発部署のテスト用サーバー: devtest
  • 財務部のデータベースサーバー: financedb
  • プロジェクトXのウェブサーバー: projxweb
  • ウェブフロントエンドサーバー: webfrontend

サーバーID(初期ドメイン)でできること・使い道

エックスサーバーのサーバーID(初期ドメイン)を使ってできることは以下のようなものがあります。

  1. サーバーパネルにログインする
  2. FTP接続する
  3. ファイルマネージャーにログインできる
  4. ウェブサイトを公開する
  5. テストサーバーとして利用する
  6. メールアドレスを作成する

サーバーパネルにログインする

エックスサーバーのサーバーパネルにログインするにはサーバーIDを使います。(Xseverアカウント・登録メールアドレスでもログインできます)
https://secure.xserver.ne.jp/xapanel/login/xserver/server/

FTP接続する

FTPサーバーのメイン接続アカウントとしてサーバーIDを使います。

FTP接続はウェブサイトのアップロードやバックアップファイルを取得するのに使います。

FTPユーザーサーバーID
FTPパスワードサーバーパスワード
ホスト名サーバー番号(sv●●●●.xserver.jp)

サブで作成したFTPアカウントは接続するディレクトリを指定できますが、メインのFTPアカウント(サーバーID)はサーバー内の全てのディレクトリに接続できます。

ファイルマネージャーにログインできる

サーバーIDはFTPアカウントの役割も果たすので、ファイルマネージャーにもログインできます。

ファイルマネージャーとは、ブラウザからサーバー上のファイルを操作できる機能です。

ウェブサイトを公開する

サーバーID.xsrv.jpという初期ドメインでも、ウェブサイトを公開することができます。

初期ドメインは無料SSLにも対応しています。

ただし、初期ドメインはエックスサーバー契約中のみ使えるドメインです。

エックスサーバーから他社へサーバー移行する場合はドメインは引き継げないので注意しましょう。

テストサーバーとして利用する

本番サイトは独自ドメインで公開し、初期ドメインをテストサーバーとして利用することもできます。同じサーバー環境なので、動作確認にも適しています。

「WordPress簡単移行」を使えば、本番サイトからのコピーも簡単にできます。

メールアドレスを作成する

初期ドメインのメールアドレスを作成することもできます。例:test@example.xsrv.jp

メーリングリストやスパムフィルタなども独自ドメインと同じように使うことができます。

ただしウェブサイトと同様、エックスサーバー契約中のみ使えるメールアドレスである点に注意しましょう。

サーバーIDを確認する方法

自分のサーバーIDがわからなくなってしまった・・・というときに確認する方法。

  1. 「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メール
  2. Xserverアカウントのサーバー欄

「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メール

X10プランは旧プラン名。現在スタンダードプラン

エックスサーバー契約後、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」がメールで届きます。このメールにサーバーの設定情報が記載されており、サーバーIDも含まれます。

Xserverアカウントのサーバー欄

Xserverアカウントにログインできれば、サーバー欄に契約中のサーバーIDが記載されています。

サーバーパネルなら上部に記載されている

サーバーパネルには、上部にサーバーIDが記載されています。

サーバーIDはわかるけどパスワードがわからなくなった場合

サーバーIDのパスワードがわからなくなってしまった場合は、パスワード再設定をする必要があります。
エックスサーバー「サーバーパスワード」再設定フォーム

パスワードの再設定には、Xserverアカウント/登録メールアドレスとサーバーIDが必要です。

以上、エックスサーバーのサーバーIDとは?サーバーIDを自分で決める方法、決め方、サーバーIDの使い方について解説しました。

現在のキャンペーン

下記リンクから申し込むと、キャンペーン価格より更に割引

当サイトのお友達紹介特典を利用すると、6ヶ月以上の契約期間に応じてさらに割引になります!

最大10,000円割引になる特典ありでエックスサーバーを申し込む

契約期間に応じて初回し払い料金が最大10000円割引
契約期間通常料金
(スタンダードプラン)
キャンペーン価格
キャッシュバック後料金
友達紹介で
さらに割引
割引後の実質費用
6ヶ月(月額)1,210円 x 6ヶ月
7,260円
変更なし-3,000円4,260円
12ヶ月(月額)1,100円 x 12ヶ月
13,200円
実質550円 x 12ヶ月
6,600円
-5,000円1,600円
24ヶ月(月額)1,045円 x 24ヶ月
25,080円
実質522円 x 24ヶ月
12,540円
-7,500円5,040円
36ヶ月(月額)990円 x 36ヶ月
35,640円
実質495円 x 36ヶ月
17,820円
-10,000円7,820円
50%キャッシュバック+友達紹介で割引になるサーバー料金
  • 友達紹介の割引は初回払い時に割引が適用されます。
  • キャッシュバックキャンペーンは契約から6ヶ月後に申請してキャッシュバックされるシステムなので初回支払い金額は【通常料金 - 友達紹介割引】です。

今月キャンペーン特典があるサービス

  • エックスサーバー
    利用料最大50%キャッシュバッグ月額495円&ドメイン永久無料 - 2024年4月3日(水)12:00まで
  • ConoHa WING
    WINGパック36ヶ月で月額678円 53%OFF ドメイン2個無料 - 2024年3月13日(木)16:00まで
  • カラフルボックス
    ドメイン永久無料特典とBOX2以上の月額費用が50%OFFのクーポンコード「SERVER50

-サーバーTips
-