サーバー移転の手順は?ドメインそのままでメールも引き継ぐ方法

サーバーTips

・サイトの表示スピードを改善したい
・もっと高性能なサーバーを使いたい
という理由でレンタルサーバーの移転引越しを検討している方に。

会社の独自ドメインはサイトとメールアドレス両方を利用している場合がほとんどです。筆者は約20年ウェブ制作やサイト管理業務に携わっている関係で、多くの会社のサーバー移転をお手伝いをしてきました。

その経験をもとに、独自ドメインはそのままで今使っているメールアドレスもそのまま引き継いでサーバー移転する手順について解説します。

スポンサーリンク

サーバーを移転する手順

まずはポイントを押さえながらサーバー移転・引っ越しする流れを記載します。

一般的なサーバー移転の手順
  • Step1
    移転先のサーバーを契約する

    まずは移転するサーバーを契約しましょう。

  • Step2
    ドメイン移管をする(不要な場合もあり)

    サーバー契約でドメインが無料!」という形態でドメインを利用している場合はドメイン移管が必要になる場合があります。(移管せずドメイン有料で使い続ける選択肢もあり)

    ドメイン移管とサーバー移転は別物です。ドメイン移管してもネームサーバー情報は引き継がれるのでこの時点ではサーバー移転はされません

    ※ColorfulBoxから他社へドメイン移管する場合は注意 – サーバー移転後に移管する

    弊社ネームサーバー(ns1.cbsv.jp、ns2.cbsv.jp)をご利用の場合、移管完了後即時に名前解決が停止されますので、移管先ドメイン管理会社で移管申請を行う前にネームサーバーの変更を行って下さい。

    ドメインの他社への移管方法

    ドメイン移管前にネームサーバー変更する必要があるとのことなので、ここではドメイン移管せず、Step9の後にドメイン移管申請することになります。

  • Step3
    移転先サーバーでドメインを設定する(SSLの確認)

    ドメイン設定はサーバー会社で行う場合と自身で設定する場合があります。サーバー会社によって異なります。

  • Step4
    移転先サーバーでメールアドレスを作成する

    ドメインに紐づいたメールアドレスを移転先のサーバーに設定します。メール転送などをしている場合は転送設定も忘れずに。

  • Step5
    移転先サーバーで作成したメールアドレスをメールソフトに設定する

    作成したメールアドレスをOutlookやThunderbirdなどのメールソフトに設定します。今使っているメールアドレスはそのままで新規に登録します。

    同じメールアドレスを2つ設定することになります。

  • Step6
    現在のサーバーデータをバックアップする

    サイトデータ、データベースなどバックアップを取得します。

  • Step7
    移転先サーバーにサイトデータをアップする

    バックアップしたサイトデータを移転先のサーバーにアップロードします。
    新サーバーにWordPressのかんたん移行ツールなどがあれば簡単に設定できます。

  • Step8
    移転先サイトの確認

    移転先サーバーでサイトが正常に表示されるか確認をします。

  • Step9
    ネームサーバーを移転先サーバーのものに変更する
    サーバー移転開始
    この時点でサーバー移転がスタートします。

    ドメインのネームーサーバーを移転先サーバーのネームサーバーに変更します。

  • Step10
    1週間程度、新旧サーバーを同時運用する

    ネームサーバー変更から数時間〜数日は、旧サーバーと新サーバーどちらかを見に行きます。

    メールもどちらかのサーバーに届くことになるため、新旧サーバー両方のメールアドレスを設定しておきます。

  • Step11
    旧サーバーを解約する

    サーバー移転が完了したら、旧サーバーは解約してOKです。

    契約更新のタイミングでサーバーを解約する場合は、時間の余裕を持ってサーバー移転しましょう。

サーバー移転時のチェック項目

サーバーを移転するときの重要な点を挙げます。

独自ドメインをどこで管理しているか確認する

独自ドメインをサーバー同じ会社で管理している場合は、ドメイン移管(ドメインの管理を他社に移すこと)が必要な場合があります。

最近は「サーバー契約するとドメインが無料になる」という特典が付いているサーバーが多いです。

ドメインを無料で利用している場合は、サーバー移転をするとドメインはどうなるのか確認が必要です。(サーバーを解約するとドメインは有料になると思います)

一方、お名前.comムームードメインなどのドメイン管理サービスで管理しているならドメイン移管の必要はありません。

またWeb制作会社に任せっきりでわからないという場合は一度管理がどうなっているのか確認した方がいいですね。

SSLサーバ証明書をどうするかを決める

通常、常時SSL化されたサイトのサーバー移転は、SSLが無効になる状態が発生してしまいます。

SSLが無効になる期間を生じさせないようにするには少し作業が複雑で初心者では難しい場合があります。

サーバー移転中のSSLをどうするかには2つの選択肢になります。

  1. SSLが無効になる時間ができることを受け入れる
    (無効になるのは10分〜数時間程度)
  2. サーバー移転前にSSLが設定できるサーバーを選ぶ

1. SSLが無効になる時間ができることを受け入れる

1を選択した場合は、ネームサーバーを切り替え後にSSL設定を行うことになります。

設定してからSSLが有効になるまで数時間はかかると思っておいた方がいいでしょう。

2. サーバー移転前にSSLが設定できるサーバーを選ぶ

2を選ぶ場合は、SSLが持ち込みできるまたはサーバー移転前にSSL設定ができるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

移転前にSSL設定が可能なサーバーSSL設定方法
エックスサーバー「外部サーバーでのWeb認証」「外部ネームサーバーでのDNS設定」によって事前にSSL設定ができます。
Xserverビジネス「外部サーバーでのWeb認証」「外部ネームサーバーでのDNS設定」によって事前にSSL設定ができます。
カラフルボックス外部で無料SSLを取得しサーバーへインストールします。
mixhost外部で無料SSLを取得しサーバーへインストールします。
さくらのレンタルサーバ外部で無料SSLを取得しサーバーへインストールします。
ConoHa WINGドメインのAレコードを移行元サーバーにしてネームサーバー変更後にSSL設定します。
シン・レンタルサーバー「外部サーバーでのWeb認証」「外部ネームサーバーでのDNS設定」によって事前にSSL設定ができます。
事前にSSL可能なレンタルサーバー

実際に常時SSLサイトをエックスサーバーに移転した手順を説明しています↓

サーバー移転後も同じメールアドレスを使得るように引き継ぐ

サーバー移転で一番よく起こるトラブルがメールが受信できなくなった、などのメールトラブルです。

メールアドレスをそのまま使い続けるために、移転先のサーバーにもメールアドレスを引き継ぐ必要があります。-> 同じメールアドレスを設定します

また利用しているメールソフトにも移転先サーバーのメールアドレスを設定しておきます。

移転前の動作確認

サーバーを切り替える前に、移転後も正常に動作するかの確認をします。

サーバー移転前の動作確認は、サーバー側で動作確認用URLが用意されている場合があるのでそこで確認をしたり、パソコンのhostsファイルを書き換えて確認する方法があります。

サーバー切り替え後にトラブルにならないように充分に動作確認をしましょう。

サーバー移転は時間がかかる

サーバー移転はすぐに切り替わるわけではなく、数時間から数日の時間を要します。サーバー移転期間中、ユーザーは旧サーバーか新サーバーいずれかのサイトを見に行きます。

またメールも旧サーバー、新サーバーどちらかに届くことになります。

さらに旧サーバーでバックアップを取ってから、ブログなどを更新してしまうとデータの整合性がなくなってしまうので注意してください。

旧サーバーのバックアップを取ったら早めに新サーバーにアップし、ブログ記事の投稿やサイトの更新は新サーバー側で行うようにしましょう。

データ移行からネームサーバー変更は時間を開けずにやった方がいいでしょう。

心配な場合は移転代行を依頼することも検討しましょう

自力でのサーバー移転が心配な場合は、レンタルサーバー各社でも有料ですが移転代行をサポートしてくれるので検討してもいいでしょう。

レンタルサーバー会社の移転代行サービスは、サーバー会社によって作業内容が違います。
・移転元からのデータ移行は対応していない
・WordPressの移行支援のみでメールアカウント作成は対応していない
ということがあります。

わからないことは移転先のサーバーサポートへ問い合わせをすれば解決することも多いです。

WordPressのサーバー移転なら

WordPressでサイト運営している場合はデータベースの移転も必要です。

エックスサーバーConoHa WINGなどはWordPressのかんたん移行ツールが用意されているので、作業負担は少ないです。

移転先サーバーに移行ツールがない場合は、WordPress専門のサーバー移転代行「サイト引越し屋さん」が移転代行をしてくれます。

WordPressの引越し代行なら『サイト引越し屋さん』
 https://site-hikkoshi.com/

まとめ

以上、ドメインそのままメールも引き継いでサーバー移転する手順について解説をしました。

サーバー移転が完全に済む前に旧サーバーを解約してしまうとサイトが表示されなくなったり、メールが届かなくなったりしまいます。

初めての移転作業は心配な点も多いですが一つ一つ慎重に作業して行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました