SSL WordPress Tips サーバーTips

WordPressの引越し手順、SSLありのままサーバー移転する

2022-03-04

WordPressの引越し手順、SSLありのままサーバー移転する

常時SSLのWordPressサイトをSSLダウンタイムなしでエックスサーバーへ移転する手順について解説します。

こんな方におすすめの記事です

  • WordPressサイトのサーバー引越し手順を知りたい方
  • SSLが無効にならないようにサーバー移転をしたい方
  • エックスサーバーへのサーバー移転を検討している方

エックスサーバー に移転するメリット

共用レンタルサーバーではサーバー移転時にSSLが無効になってしまう場合が多いのですが、エックスサーバーではサーバー移転前にSSLの設定が可能です。

事前にSSL設定ができるので、https化されたサイトでもSSLが無効になる期間を出さずにサーバー移転することができます

また初心者、専門知識がなくても、比較的簡単に設定ができるのでおすすめです。

エックスサーバーでサイトを追加する

まずはサーバー移転先のエックスサーバーにてドメインを追加してサイトのデータをアップします。今回はWordPressサイトですのでエックスサーバーにある「WordPress簡単移行」機能を使いました。

WordPress移転情報入力の部分で
「移行元URL」
「移行元WordPressユーザー」
「移行元WordPressのパスワード」
と移行先URLを入力してWordPressを移行します。

現在のWordPressのURLとユーザ名、パスワードを入力
確認画面、問題なければ「移行を開始する」

実際、WordPress移行を実行してみると、画面には移行状況のステータスが表示されるのですが、ステータスが「待機中」のまま。。。

10分以上もそのままだったので、一度リロードしてみました。すると、

移行処理は完了していますが、SSL証明書の発行に失敗しています。
ドメインのネームサーバーを変更したのち、「SSL設定」より個別にSSL証明書を発行してください。

というエラーメッセージ。

ファイルマネージャーやphpMyAdminでデータを確認してみたところデータはちゃんと移行されているようでしたので、SSL設定に進むことにします。

WordPress簡単移行に失敗してしまう場合

データの移行に失敗してしまう原因は移行元のプラグインが影響している可能性が高いです。

セキュリティ関連のプラグイン(Wordfence,All In One WP Security & Firewallなど )を利用している場合は一時的に無効にして再度試してみてください。

エックスサーバーで無料SSL設定

エックスサーバーのサーバーパネルからドメイン>SSL設定で行います。

「独自SSL設定追加」でドメインを入れると以下のようなメッセージが表示されます。

www.example.comのDNS参照先サーバーが当サーバーではありませんでした。

これはまだネームサーバーをエックスサーバーのものに変えていないため表示されます。

ネームサーバーを変更する以外には、Web認証とDNS認証のどちらかで認証する必要があります。

まずは比較的手軽にできるWeb認証でやってみました。

「外部サーバーでのWeb認証」を選択

「外部サーバーでのWeb認証」を選択すると、トークンファイルというものが表示されるのでそれをダウンロードし、指定された通りのURLでアクセスできるように移行元サーバーに設置します。

表示されている通りディレクトリを作成してトークンファイルを移行元サーバーにアップロードします。

でも今回は設置してみましたがブラウザからアクセスしてみても「Not Found」で404エラーになってしまい、Web認証はできませんでした。

エックスサーバー側でも
「トークン設置URLにアクセスできませんでした。」
となっています。

外部ネームサーバーでDNS認証をする

Web認証がうまくいかなかったので、DNS認証をしてみます。

「外部ネームサーバーでのDNS認証」を選択してみると、TXTレコードが二つ表示されました。

このTXTレコードを移行元のネームサーバーにて追加します。

DNSレコードの編集はレンタルサーバによって可能かどうか確認が必要です。

移行元のコアサーバーでは、ネームサーバーはValue Domainの無料ネームサーバーを使っていますので、Value DomainでDNSレコード編集を行います。

Value DomainでDNSレコードを編集する

Value Domainのコントロールパネルから「無料ネームサーバー」>「ドメインのDNS設定」を選択します。

DNS編集画面には記述のサンプルが掲載されています。

それらの例を参考にエックスサーバーで表示されたTXTレコードを追加します。

Value DomainのDNS設定画面

保存したら少し待ちます。TTLが3600秒だったので1時間程度です。

再びエックスサーバーのSSL設定画面で、「外部ネームサーバーでのDNS認証」を選んだ状態から「確認画面に進む」そのまま「追加する」をクリックすると、

認証が始まり、問題なければ、SSL設定が完了です。

ウェブサイトの確認

hostsファイルなどを編集して、エックスサーバーに移行したサイトに問題がないか確認します。

ネームサーバーの変更

最後にネームサーバーをエックスサーバーのものに変更します。

 ネームサーバー1: ns1.xserver.jp 
 ネームサーバー2: ns2.xserver.jp
 ネームサーバー3: ns3.xserver.jp
 ネームサーバー4: ns4.xserver.jp
 ネームサーバー5: ns5.xserver.jp

常時SSL化したWordPressサイトの移行完了

以上で常時SSL化しているサイトでもスムーズにエックスサーバー へサーバー移転することができました。

通常、ネームサーバーが切り替わっていないとSSLサーバ証明書のインストールができないので、SSL化しているサイトのサーバー移行の一番の懸案事項は、一時的にSSLでない状態ができてしまうことだと思います。

しかしエックスサーバー ではネームサーバー切り替え前でもSSLをインストールできるようになったので事前の手間が若干増えますが、SSLサイトでもサーバー移行しやすくなったんじゃないかと思います。

エックスサーバーではお試し期間が10日間あるので、実際にSSLサイトを移行できるか試してみるといいでしょう。(ネームーサーバーを変更するとサーバー移転してしまうので注意)

https://www.xserver.ne.jp/

サーバー移転の流れと注意点などをまとめた記事もどうぞ↓

サーバー移転の手順は?ドメインそのままでメールも引き継ぐ方法

・サイトの表示スピードを改善したい・もっと高性能なサーバーを使いたいという理由でレンタルサーバーの移転引越しを検討している方に。 会社の独自ドメインはサイトとメールアドレス両方を利用している場合がほと ...

続きを見る

エックスサーバーのメリット・デメリットをまとめました↓

個人・法人に人気のエックスサーバー、実際の使用感とメリット・デメリット

個人はもちろん企業の利用も多い、エックスサーバー。サーバー選びに迷ったらエックスサーバーにしておけば間違いなしと言われるとか。 WordPressでブログ、サイトを作るなら、必ず一緒に勧められるサーバ ...

続きを見る

-SSL, WordPress Tips, サーバーTips
-,