サーバーTips

エックスサーバー 無料お試し期間ありの登録方法とブログの始め方

2019-03-28

本記事にはプロモーションが含まれています。

エックスサーバー 無料お試し期間ありの登録方法とブログの始め方

ソラミ♪

Webエンジニアをやりつつ、デザインにも携わる株式会社コムワークの中の人。WordPress、Adobeアプリ、カワウソ好き。 2015年から当ブログ運営|2008年からGmail使用中|WordPress制作10年以上|15社以上のレンタルサーバー利用経験|100件以上のドメイン取得運用|サイト・ドメイン移転多数 »  もっとくわしく

本記事では無料お試し期間ありでエックスサーバーを申し込み登録する方法、エックスサーバーでWordPressブログを始めるまでの手順をくわしく解説します。

エックスサーバーではキャンペーンを随時開催しているので、安く登録することができます。またお友達紹介を利用してさらに安くお得に申し込む方法がありますのでお見逃しなく。

エックスサーバーの登録方法は2つ「通常申し込み」と「WordPressクイックスタート」

エックスサーバーでは、無料お試し期間のある「通常申し込み」と申し込みと同時にドメイン取得・WordPressのインストールまでできる「WordPressクリックスタート」があります。

通常申し込みとクイックスタートの違い

それぞれのできること・できないことを比較してみます。

通常申し込みWordPress
クイックスタート
お試し期間(10日間)
独自ドメイン取得独自ドメインなしでも登録可独自ドメイン取得必須
他社からサーバー移行
料金の支払い時期無料お試し期間終了までに支払う申し込みと同時に支払い
支払い方法・コンビニ払い
・クレジットカード
・銀行振り込み
・ペイジー
・翌月後払い(ペイディ)
・クレジットカード
・翌月後払い(ペイディ)
自動更新手動設定自動設定
独自ドメイン設定手動設定自動設定
WordPress手動でインストール自動インストール
ドメイン永久無料特典後から申し込み可自動設定可
(スタンダードプランは要12ヶ月以上契約)

WordPressクイックスタートのデメリット

クイックスタートは申し込みと同時にドメイン取得からWordPressテーマのインストールまでできるめちゃ便利なシステムですが、以下のようなデメリット・制限があります。

  • 無料お試し期間がない
  • 支払い方法はクレジットカード決済と翌月後払いのみ
  • 申し込みと同時に支払いが発生する
  • 他社からサーバー移行には非対応

WordPressクイックスタートがおすすめな人

  • 初めてドメインを取得してブログを始めたいと思っている人
  • エックスサーバーを使うことを決めている人
  • 面倒な作業なしで、できるだけ早くブログを始めたい人

通常申し込みがおすすめな人

  • 無料お試し期間でエックスサーバーの使い心地を試したい人
  • 他社からサーバー移行してエックスサーバーを使いたい人
  • WordPressを使うかは未定の人

エックスサーバーのキャンペーン・クーポンを利用して初回費用を安くする

エックスサーバーのキャンペーンを利用すれば、初回の支払い費用を安く抑えることができます。また当サイトのお友達紹介を利用すれば費用をさらに抑えることができます。

現在のキャンペーン

下記リンクから申し込むと、キャンペーン価格より更に割引

当サイトのお友達紹介特典を利用すると、6ヶ月以上の契約期間に応じてさらに割引になります!

最大10,000円割引になる特典ありでエックスサーバーを申し込む

契約期間に応じて初回し払い料金が最大10000円割引
契約期間スタンダードプラン
通常料金
割引額割引後合計
6ヶ月(月額)1,210円 x 6ヶ月
7,260円
-3,000円4,260円
12ヶ月(月額)1,100円 x 12ヶ月
13,200円
-5,000円8,200円
24ヶ月(月額)1,045円 x 24ヶ月
25,080円
-7,500円17,580円
36ヶ月(月額)990円 x 36ヶ月
35,640円
-10,000円25,640円
  • 友達紹介の割引は初回払い時に割引が適用されます。
  • キャッシュバックキャンペーンは契約から6ヶ月後に申請してキャッシュバックされるシステムなので初回支払い金額は通常料金です。

無料お試し期間あり通常申し込み登録からWordPressブログを始める手順

ここからは無料お試し期間ありでエックスサーバーを申し込みして、ドメイン設定→WordPressインストールしてブログを始める方法を見ていきます。

  • エックスサーバーへ申し込み登録
  • サーバーアカウント設定完了・お試し期間スタート
  • ドメイン取得(既にドメイン取得済みなら不要)
  • ドメイン設定(SSL設定含む)
  • WordPress簡単インストール

1. エックスサーバーへ申し込み登録

お試し期間ありエックスサーバー申し込みの流れ

  1. エックスサーバーの契約内容・料金プランを選択
  2. Xserverアカウントの登録(既にXserverアカウントがある場合は省略)
  3. メールで確認コード送信
  4. SMS・電話認証で本人確認
  5. 申し込み完了

エックスサーバーの公式ホームページより新規申し込みをします。

最大10,000円割引になる特典ありでエックスサーバーを申し込む

初めてエックスサーバーに申し込みする場合は新規申し込み

エックスサーバーに初めて申し込む場合は「新規申し込み」をクリック。

step
1
エックスサーバーの契約内容・料金プランを選択

エックスサーバー申し込みフォームにある「サーバーID」は後から変更できないので注意が必要です

申し込みフォームに必要事項を入力、ここで一番大切なのは「サーバーID」と「プラン」です。

項目説明変更
サーバーID(初期ドメイン)契約するサーバーの名前(自分専用の固有ID)後から変更不可
プランサーバー料金のプラン後から変更可能※
WordPressクイックスタートWordPressの設定を一括で行えるオプション
→ お試し期間ありなのでチェックしない
--
  • サーバーID
    既に文字列が入力されている状態ですが、自分の好きな名前に変更可能です(半角英数字)。
    でも既に使われている名前は重複して登録できません。スペルミスなどがあっても変更不可なので要注意です!

    ここで決めた文字は、初期ドメインやFTPアカウントになります。独自ドメインは契約後に設定します。

    参考Xserver サーバーIDとは?自分で決める方法、使い方まとめ
  • プラン
    プランは契約後からでもアップグレードが可能なので、一番安いスタンダードプランを選択で問題ないでしょう。
    ※ただしプランのダウングレードが可能なのは、サーバー契約期限月のみになります。

サーバーID、契約プランを決めて、Xserverアカウントの登録に進みます。

step
2
Xserverアカウントの登録

Xserverアカウントとは、エックスサーバーのいろいろなサービスを利用するときに必要になるアカウントです。

エックスサーバーにはサーバー以外にもドメイン、SSL、クラウドストレージなどのサービスがあり、Xserverアカウントでそれらのサービスを一括管理することができます。

Xserverアカウント登録に必要な情報

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 登録区分(個人契約か法人契約か)
  • 名前
  • フリガナ
  • 住所
  • 電話番号

step
3
確認コードの入力

入力したメールアドレスに6桁の確認コードが送信されるので、メールを確認してコードを入力します。

step
4
SMS・電話認証

続いて、SMS・電話による本人確認が必要になります。

SMS・電話認証で使う電話番号は、Xserverアカウントの電話番号と同じでなくてもOKで、0から始まる10桁か11桁の番号で認証を行います。

step
5
申し込み完了

以上で申し込みが完了です。「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」がメールで届きますので少し待ちましょう。

2.「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メール・お試し期間スタート

申し込みが完了したらサーバーの設定情報が記載されたメールが届きます

申し込み時に入力したメールアドレス宛てにエックスサーバーより「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (XXX.xsrv.jp)」という件名でメールが届きます。(「XXX」は自分で決めたサーバーID)

このメールにはエックスサーバーのインフォパネル(サーバー契約管理画面)、サーバーパネル(サーバーの管理画面)へのログイン情報が記載されています。

お試し期間中は、メールアカウントの作成やFTPアカウントを新たに作れません。

Xserveアカウント(旧インフォパネル)・サーバーパネルとは

Xserverアカウント」とはエックスサーバーの料金の支払いや登録情報、利用期間などの契約関連の管理画面です。以前はインフォパネルという名称でした。

「サーバーパネル」とはエックスサーバーで使うドメイン設定やメールアカウント、FTPアカウント、バックアップなど色々な操作するためのコントロールパネルです。

「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールに記載されている、▼ユーザーアカウント情報の部分に記載されている会員IDとインフォパネルパスワードを使い、まずはインフォパネルにログインします。

メールにインフォパネルのログイン情報が記載されています

インフォパネルログインして最初に表示されるページに「ご契約一覧」があり、サーバーの部分に今回申し込みしたサーバーIDがあり、その右側に「操作メニュー」で「サーバー管理」「ファイル管理」というボタンがあります。

サーバーIDが記載されている右側にあるサーバー管理ボタンをクリック

「サーバー管理」をクリックするとエックスサーバのサーバーパネルへ遷移します。

インフォパネルにはエックスサーバーでドメインを取得した場合は取得ずみドメインも表示されます。

サーバーパネルに直接ログインも可能

サーバーパネルにはインフォパネルからでなく直接ログインすることもできます。

サーバーパネルで使うログインIDとパスワードはXserverアカウントのログインに使った会員ID,パスワードとは別物です。

サーバーパネルのログイン情報は「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールに記載されています。

3. 独自ドメインを取得する

独自ドメインでブログやホームページを公開するためには、まずドメインを取得しないといけません。

まだドメインを取得していない場合は、エックスサーバーで取得すれば手続きも簡単で、サーバーと一緒に管理ができます。

関連記事エックスサーバーで取得できるドメインや機能については下記記事で詳しく解説しています。
エックスサーバーならドメイン料金が取得も移管も最安。Xserver Domain

また、エックスサーバーには、条件を満たせば独自ドメインが永久無料になる特典があります。またドメイン永久無料特典はドメイン移管にも対応しています。
お試し期間中はドメイン無料特典は利用できません。

特典の対象になるか下記記事で確認することができます。

エックスサーバーのドメイン永久無料特典でドメイン取得・移管する方法

エックスサーバーを利用するなら独自ドメインもエックスサーバーで一緒に管理した方が楽ですよね。 独自ドメインを取得するには、、などがありますが、エックスサーバーにも独自ドメインが取得できる「」があります ...

続きを見る

Xserverアカウントから、ドメイン取得ができます。

4. 独自ドメインを設定する

ここからはエックスサーバーのサーバーパネルで独自ドメインを設定します。独自ドメインを既に取得していることを前提としています。

サーバーパネルにログインします。

サーバーパネル右上の「ドメイン」の中にある「ドメイン設定」をクリック

「ドメイン設定追加」タブを選択し、「ドメイン名」に独自ドメインを入力。
※「無料独自SSLを利用する」にチェック
※高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にするも基本的にチェックのままでOK

※無料独自SSLを利用するにはドメインのネームサーバーがエックスサーバーのDNSに向いていないとエラーになります!

入力内容を確認後、「追加する」をクリックし、独自ドメイン設定が完了です。

この段階で独自ドメインをブラウザで確認しても「無効なURLです」と表示されます。 サーバー設定が反映されるまでに数時間〜長くて72時間ほどかかります。

5. WordPress簡単インストール

いよいよWordPressのインストールです。

エックスサーバーにはWordPressを簡単な設定だけでインストールできる「WordPress簡単インストール」機能があります。

WordPress簡単インストール

サーバーパネルで左下にあるWordPress >「WordPress簡単インストール」を選択します。

ドメインを選択する画面になるのでWordPressをインストールしたいドメインを選択します。

ページを進むと「インストール済みWordPress一覧」と「WordPressインストール」というタブがあるので、「WordPressインストール」のタブをクリック。

WordPressのインストールに必要な情報を入力します。

入力項目項目の説明
インストールURLWordPressをインストールURLを指定します。ドメイン名+/(スラッシュ)以下を指定するとそれがWordPressのURLになります。ドメインのトップディレクトリをWordPressで表示させたい場合は/スラッシュ以下は何も入力しません。
インストールURLを後から変更するのは面倒なので注意して決めましょう
ブログ名WordPressで作るブログ名、サイト名を入力します。ここは後からWordPress内で変更可能です。
ユーザー名WordPressにログインするユーザー名です。アルファベットで指定。ユーザー名も変更できないので注意。
パスワードログインするパスワードを設定。後から変更可能ですがあまり簡単なもの(ユーザー名と同じとか)にすると不正アクセスの原因になるので注意。
メールアドレスWordPress管理用のメールアドレスを入力します。
キャッシュ自動削除cronによりWordPressのキャッシュを一定間隔で削除してくれます。
データベース事前にデータベースを作成していない場合は、「自動でデータベースを生成する」を選択

以上の内容を確認し、「インストールする」をクリックするとインストールが始まります。

インストール完了までに数秒〜数十秒かかる感じです。完了画面が表示され、WordPressのインストールが完了します!

ログインURLが記載されているのでクリックするとWordPressのログイン画面に遷移します。

ユーザー名、パスワードでログインできたらWordPressが使えるようになり、ブログをスタートできます。

サーバーパネルのインストール済み一覧には作成したWordPressが表示されます。


以上、エックスサーバーで無料お試し期間ありの新規申し込み登録の手順と、ドメイン設定・WordPressインストールをしてブログを始める方法を解説しました。

WordPressクイックスタートでのエックスサーバー登録も簡単ですが、「WordPress簡単インストール」があるので手動でWordPressをインストールするよりもはるかに簡単にWordPressが使えるようになります。

せっかく無料お試し期間があるので使わない手はありませんよね。

お試し期間中にいろいろ操作してみたり、WordPressをいじってみましょう。

お試し期間終了までにXserverアカウントから、料金の支払いをすれば本契約完了です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソラミ♪

Webエンジニアをやりつつ、デザインにも携わる株式会社コムワークの中の人。WordPress、Adobeアプリ、カワウソ好き。 2015年から当ブログ運営|2008年からGmail使用中|WordPress制作10年以上|15社以上のレンタルサーバー利用経験|100件以上のドメイン取得運用|サイト・ドメイン移転多数 »  もっとくわしく

-サーバーTips
-