レンタルサーバー

高性能で高コスパのシンレンタルサーバー。エックスサーバーと比較

2024-06-20

本記事にはプロモーションが含まれています。

高性能で高コスパのシンレンタルサーバー。エックスサーバーと比較

ソラミ♪

Webエンジニアをやりつつ、デザインにも携わる株式会社コムワークの中の人。WordPress、Adobeアプリ、カワウソ好き。 2015年から当ブログ運営|2008年からGmail使用中|WordPress制作10年以上|15社以上のレンタルサーバー利用経験|100件以上のドメイン取得運用|サイト・ドメイン移転多数 »  もっとくわしく

シンレンタルサーバーはエックスサーバーをベースにしつつコスパに優れたレンタルサーバーです。

この記事でわかること

  • シンレンタルサーバーでできること
  • エックスサーバーとの比較、選ぶポイント
  • 現役ユーザーによる実際の使用感

当サイトはシンレンタルサーバーで運用中

筆者は、エックスサーバー利用歴10年以上、シンレンタルサーバーは2021年から利用中。エックスサーバーとシンレンタルサーバー両方を利用して複数サイトを運営しています。当サイトはシンレンタルサーバーで運用しています。

本記事では、実際の使用経験を元に、シンレンタルサーバーの特長とエックスサーバーとの機能を比較しました。

シンレンタルサーバーの特長

冒頭でも述べたとおり、シンレンタルサーバーは国内シェアNo.1のエックスサーバーのシステムをベースにした高性能かつ高コスパのレンタルサーバーです。

元はエックスサーバーと同じ運営会社でしたが、2024年2月にグループ会社のシンクラウド株式会社に運営が移管されました。
参考《2月1日実施》グループ新会社設立に伴うサービス移管(事業会社変更)のお知らせ

エックスサーバーは安定性とサポートを重視したサーバー運営ですが、シンレンタルサーバーでは最新技術を迅速に導入する革新性、安さに重点をおいています。

ポイント1:高性能と安さ。コスパNo.1のレンタルサーバー

シンレンタルサーバーのサーバー処理速度を他社と比較

シンレンタルサーバーは、NVMeSSDの導入、最新第4世代「AMD EPYCTM」採用、WordPressの超高速実行環境KUSANAGIの導入など、先進技術をしておりサーバー処理速度、国内最速を実現しています。

シンレンタルサーバーで新技術が導入されてからエックスサーバーにも導入されるという流れがあり、今後も高速性・機能性を目指して、新技術を迅速に導入していくのが特長です。

ポイント2:機能・管理ツールUIはエックスサーバーとほぼ同一

サーバー管理ツール(サーバーパネル・ファイルマネージャー・Webメール)は、使いやすいと評判がいいエックスサーバーと同じUIを採用しています。

エックスサーバー利用者なら迷わず操作ができます。利用できる機能に若干違いはありますが、ほぼ同等の機能を有しています。機能の違いは後述にて詳しく説明しています。

シンレンタルサーバーのサーバーパネル
エックスサーバーのサーバーパネル

シンクラウドのサービス

シンレンタルサーバーの運営会社であるシンクラウド株式会社では、シンレンタルサーバーをはじめ目的に応じたサービスを提供しています。

  • シンレンタルサーバー
    コンテンツ制限なし。高性能と安さを両立したコスパNo.1のレンタルサーバー。
  • シンVPS
    オールNVMe SSDのVPS。ワンクリックで構築可能なアプリイメージが50以上。
  • シンクラウドデスクトップ for FX
    MT4, MT5に対応したFX自動売買専用VPS。SLA(品質保証制度)に対応した安定性。
  • wpX Speed
    WordPress専用クラウドサーバー。オートスケール機能、サーバーリソース確保。
  • シンブログ
    無料で10件までのWordPressブログが作成可能。SSL対応。
  • シンクラウド for Free
    広告なし、10GBのディスクスペースが完全無料のレンタルサーバー。
  • シンドメイン
    シンレンタルサーバー、シンブログとの連携が簡単。ドメイン取得サービス。

シンレンタルサーバーとエックスサーバーどちらを選ぶ?

シンレンタルサーバーとエックスサーバーの特長を理解してどちらにメリットを感じるかで決めることをおすすめします。

おすすめポイントシンレンタルサーバー

  • 高性能なのに価格の安さが魅力
  • アダルトサイトOK

シンレンタルサーバーがおすすめの人

  • 性能がいいサーバーを安く利用したい
  • アダルトサイトを運営したい

シンレンタルサーバー

おすすめポイントエックスサーバー

  • 約20年の運用実績、国内シェアNo.1
  • サーバー稼働率99.99%の高い安定性

エックスサーバーがおすすめな人

  • 人気のあるサーバーを利用したい
  • 速くて安定したサーバーを使いたい

エックスサーバー

シンレンタルサーバーとエックスサーバー徹底比較

ここからはシンレンタルサーバーとエックスサーバーを多角的に比較します。

  • サーバー性能・仕様
  • 価格
  • 機能・特典
  • Web・データベース
  • メール
  • サポート

サーバー性能・仕様で比較

サーバー性能シンレンタルサーバー
ベーシックプラン
エックスサーバー
スタンダードプラン
vCPU6コア6コア
メモリ8GB8GB
ディスク容量
NVMe SSD
300GB300GB
RAID構成1010
リソース保証
別プランあり
転送量課金無し無し
転送量制限あり無制限
自動バックアップ14日間
Web / メール / DB
14日間
Web / メール / DB
プラン変更
シンレンタルサーバーとエックスサーバーのサーバー性能比較

各サーバーの最安プランでの比較です。
シンレンタルサーバーはエックスサーバーのシステムをベースとしているため、サーバー性能は同等です。

エックスサーバーではアカウントごとにリソース保証がありますが、シンレンタルサーバーにはありません。リソース保証付きのビジネスプランが別途提供されています。

また転送量(Web・メール・FTP)による課金はどちらもありませんが、シンレンタルサーバーでは転送量の目安が設定されています。

ベーシックスタンダードプレミアム
転送量目安900GB/日1200GB/日1500GB/日
シンレンタルサーバーの1日の転送量目安

参考転送量課金はなしとありますが、転送量がどれだけ増えてもいいのですか?

価格で比較

価格シンレンタルサーバー
ベーシックプラン
エックスサーバー
スタンダードプラン
初期費用無料無料
月額費用(12ヶ月)880円1,100円
月額費用(24ヶ月)825円1,045円
月額費用(36ヶ月)770円990円
シンレンタルサーバーとエックスサーバーの価格比較

シンレンタルサーバーでは月額費用が安く抑えられているため、エックスサーバーと同じシステムを安く利用することができます。

シンレンタルサーバーの詳しい料金は後述に記載しています。>> このページのサーバープランへジャンプする

特典

価格シンレンタルサーバーエックスサーバー
ドメイン永久無料特典1個
ビジネスプランは2個
2個
ドメイン1年無料特典最大20個最大20個
シンレンタルサーバーとエックスサーバーの特典比較

最近はサーバー各社でドメイン無料特典が付くようになっているので、エックスサーバーではドメイン2個無料となっています。

ただ複数サイトを運営する予定がなければ1個で十分ですね。

Web・データベース

WEBシンレンタルサーバーエックスサーバー
WebサーバーNginxNginx
PHPPHP 7.2以上PHP 5 / 7 / 8
Webサイト高速化Xアクセラレータ
HTTP/2
FastCGI
OPcache
ブラウザキャッシュ設定
Xアクセラレータ
HTTP/2
FastCGI
OPcache
ブラウザキャッシュ設定
XPageSpeed
簡単インストールWordPress
EC-CUBE4
WordPress
EC-CUBE4
PukiWiki
WordPress簡単移行
WordPressのサイトコピー
WordPress
セキュリティ機能
ログイン試行回数制限
海外IPアクセス制限
大量コメント・トラバ制限
海外IPコメント・トラバ制限
ログイン試行回数制限
海外IPアクセス制限
大量コメント・トラバ制限
海外IPコメント・トラバ制限
WAF
データベースMySQL(MariaDB)
SQLite
MySQL(MariaDB)
SQLite
データベース数無制限無制限
データベース容量5GB / 1DBにつき5GB / 1DBにつき
アダルトサイト
シンレンタルサーバーとエックスサーバーのWeb・データベース比較

Web関係の機能にも多少の違いがありますが、ほぼ同じ機能を備えています。

一番の違いはシンレンタルサーバーではアダルトサイトの設置が可能という点です。(※無修正、児童ポルノなど法令又は公序良俗に反する内容は禁止)

シンレンタルサーバー公式アダルトサイトの運営は可能ですか?

メール

価格シンレンタルサーバー
ベーシックプラン
エックスサーバー
スタンダードプラン
メールアカウント無制限無制限
メーリングリスト2020
メールマガジン1010
アンチウイルス
スパムフィルター
高性能スパムフィルター
SPF
DKIM
DMARC
シンレンタルサーバーとエックスサーバーのメール比較

スパムフィルターは両サーバーに導入されていますが、エックスサーバーでは高性能スパムフィルターがあります。

メーリングリストとメールマガジンは各サーバーともプランごとに利用数が決まっています。

サポート体制

サポートシンレンタルサーバーエックスサーバー
電話
平日:10:00~18:00

平日10:00~18:00
メール
24時間以内に返信

24時間以内に返信
チャット
平日10:00~18:00
設定代行
シンレンタルサーバーとエックスサーバーのサポート体制比較

シンレンタルサーバー・エックスサーバーどちらもメール・電話サポートを行なっていますが、シンレンタルサーバーではチャットサポートがありません。

チャットはメールよりも手軽に問い合わせすることができるのでぜひ導入してもらいたいサポートです。

参考サポート体制はどのようになっていますか?

シンレンタルサーバー

実際の速度を測定してみる

測定環境は以下の通りです。

  • シンレンタルサーバーはベーシックプラン
    エックサーバーはスタンダードプラン
  • 設置場所:サーバーID.wpx.ne.jp / サーバーID.xsrv.jp
  • WordPress6.5.4
  • テーマはTwenty Twenty-Four
  • トップページ
  • PHPバージョンはどちらも8.1.22
  • 測定時間は20:00ごろ
  • Wifi接続

使用したのはPingdom Website Speed TestとベンチマークツールApache Bench (ab)です。

Pingdom Website Speed Testの結果で比較

シンレンタルサーバーのPingdomサーバー測定結果
エックスサーバーのPingdomサーバー測定結果

どちらもパフォーマンスグレードB:スコア84ですが、ロード時間はエックスサーバー748msに比べてシンレンタルサーバーは360msと倍以上速い結果になりました。

Apache Bench (ab)比較

シンレンタルサーバーエックスサーバー
リクエスト処理速度28.89リクエスト/秒8.77リクエスト/秒
平均リクエスト時間346.187ms(平均)1140.491ms(平均)
転送率3384.50 Kbytes/sec1028.90 Kbytes/sec
接続時間平均130ms平均236ms
処理時間平均170ms平均632ms
待機時間平均80ms平均316ms
合計時間平均300ms平均868ms
リクエスト処理時間の割合中央値 304ms中央値 710ms

ネットワーク接続環境や時間帯によっても変わりますので参考値としてご覧ください。

シンレンタルサーバーは全体的にエックスサーバーよりもパフォーマンスが高く、リクエスト処理速度、転送率、接続時間、処理時間、待機時間、合計時間のいずれにおいてもシンレンタルサーバーの方が優れているという結果になりました。

シンレンタルサーバーの料金プラン

プランベーシックスタンダードプレミアムビジネス・
ベーシック
ビジネス・
スタンダード
ビジネス・
プレミアム
月額費用(36ヶ月)770円1,540円3,080円1,254円2,629円5,566円
vCPU6コア8コア10コアリソース保証
4コア
リソース保証
6コア
リソース保証
8コア
メモリ8GB12GB16GBリソース保証
4GB
リソース保証
8GB
リソース保証
12GB
ディスク容量300GB400GB500GB300GB400GB500GB
ドメイン無料特典1個1個1個2個2個2個
シンレンタルサーバーのサーバー料金プラン

シンレンタルサーバーでは、ビジネス向けのリソース保証があるビジネスプラン(旧リザーブドプラン)があります。共有サーバーの影響を受けることなく安定したサーバー環境が実現できます。

全体的に競合G社の料金プラン・スペックを意識した構成になっています。

引用:シンレンタルサーバー・ビジネスプランの他社比較

シンレンタルサーバー

まとめ

本記事では性能と価格を両立したコスパNo.1のシンレンタルサーバーの特長とエックスサーバーとの比較をまとめました。

安定性・サポートを重視するエックスサーバーに比べて、最新技術を迅速に導入するシンレンタルサーバーという特長があります。

20年の運用実績による高い信頼性やサーバー稼働の安定性を最重視するならエックスサーバー、表示速度が速く高性能サーバーと安さを重視するならシンレンタルサーバーがおすすめです。

機能面ではエックスサーバーがより多くの機能を備えていますが、サーバーレスポンスではシンレンタルサーバーの方が速く安定して応答するため、より高いパフォーマンスが期待できます。

またシンレンタルサーバーではアダルトサイトOKというのも特筆すべき特長です。

サーバー性能がよく、価格が安いサーバーをお探しの場合は、シンレンタルサーバーをぜひお試しください。

シンレンタルサーバー

冒頭で述べた通りエックスサーバーも10年以上利用しています。こちらも使用経験を元にメリット・デメリットを詳しく解説しています。

Xserverを長年利用しているからこそわかるメリット・デメリットを詳しく。
Xserverからシンレンタルサーバーへサーバー移行する手順を解説

中小企業・法人向けレンタルサーバーを探すならこちらの記事もおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソラミ♪

Webエンジニアをやりつつ、デザインにも携わる株式会社コムワークの中の人。WordPress、Adobeアプリ、カワウソ好き。 2015年から当ブログ運営|2008年からGmail使用中|WordPress制作10年以上|15社以上のレンタルサーバー利用経験|100件以上のドメイン取得運用|サイト・ドメイン移転多数 »  もっとくわしく

-レンタルサーバー
-,