ブログ・ホームページを開設するにはレンタルサーバーが必要です!
中小企業におすすめするレンタルサーバーはこちら。

とくしよネットでは、現役Web担当者が実際に使って試したリアルなサーバーレビューを載せています。

レンタルサーバーレビュー

エックスサーバー

国内シェアNo.1。安定性抜群で高速。ドメイン無料特典あり。

CPIレンタルサーバー

KDDIメールシステムで高い安定性。テスト・バックアップ環境も万全。

さくらインターネット

官公庁・自治体の利用多数の老舗レンタルサーバー。月500円〜のコスパも魅力。

レンタルサーバーの使い方 Tips

人気レンタルサーバーの使い方をわかりやすく解説中。解説記事は日々更新しています。

SSL サーバーTips

WebARENA SuiteXに格安SSL証明書を導入してSSL化する方法

NTTPCコミュニケーションズが提供する共用レンタルサーバーWebARENA SuiteX。 SuiteXシリーズには、V1・V2というバージョンがあってV1には無料SSLがついていません。 V1のように古いプランを昔から契約してると、Webサイトを常時SSL化するにはSSL証明書を別途購入する必要があります。 WebARENAで導入をしてもらうこともできますが、安くても年間38,280円かかります。※グローバルサイン・クイック認証SSLの場合 でも格安のサーバー証明書を購入してインストールすれば、常時S ...

サーバーTips ドメイン

XserverのメールがGmailに届かない:SPF、DKIMを追加する方法

フィッシング詐欺目的のなりすましメールが溢れていてGmailなどメールサービスのスパムフィルタもどんどん判定が厳しくなっています。 2023年にもGmailのセキュリティがさらに厳しくなってGmailにメールを送信できないという事態が増えました。 自分のメールがスパム判定されないために、送受信の暗号化はもちろんのこと、SPFレコードの設定やDKIM署名の有効化を行うことが重要になります。 この記事ではを使っている人向けに迷惑メールに判定されないためのSPF、DKIM設定について解説します。 2024年1月 ...

サーバーTips

501エラー Not ImplementedはXserverのWAFが原因かも

新規で立ち上げたウェブサイトのGoogleサーチコンソールから「サーバーエラー(5xx)」が検出されたというメールが届いた時の、原因究明と解決までの備忘録です。 結論から言うと、ある特定のページが「501 Not Implementedエラー」になっており、その原因はページ自体の問題ではなくXserverのWAF機能に誤検知されてしまったことでした。 エラーが出た状況と解決方法を順を追ってみていきます。 Googleサーチコンソール「カバレッジ」関連の問題が検出されました カバレッジhttps://www ...

WordPress Tips サーバーTips

カラフルボックスでSSHアクセスからWP-CLIを使うまでの手順

WP-CLIはWordPressをコマンドラインから操作できるツールです。WP-CLIを使うとWordPressの初期設定などが効率よく行うことができるので覚えておくと作業が捗ります。 この記事ではにWP-CLIをインストールする時の手順をまとめています。 カラフルボックスはLiteSpeed採用の高性能・コスパ良し、アダルトOKのレンタルサーバーです https://tokushiyo.net/server/colofulbox SSHでアクセスできるようにする WP-CLIを使うためにはまずSSHでア ...

サーバーTips ドメイン

エックスサーバーで他社ドメインを使う・ネームサーバー設定手順

エックスサーバーにはドメイン永久無料特典があるので特典を使った方がお得なのですが、既に取得済みの他社ドメインを使いたいこともありますよね。 他社で取得したドメインをエックスサーバーで使うには、ネームサーバーを設定すればドメイン移管をしなくても利用可能です。 この記事では、エックスサーバーで他社ドメインをつかってブログ・サイトを始める方法を解説します。 この記事はこんな人におすすめです 、でドメインを取得済み ドメインは他社で一括管理しているのでそのままにしたい サーバーはを使いたい エックスサーバーで他社 ...

WordPress Tips サーバーTips

[エックスサーバー]サブドメインでWordPressのテスト環境を用意する方法

エックスサーバーで運用しているWordPressのテスト環境を作りたいときは、サブドメインを利用して作るのが便利です。またエックスサーバーには「WordPress簡単移行」という機能があるのでデータの移行はとても簡単です。 エックスサーバーでサブドメインを利用してWordPressのテスト環境を作る流れを解説します。 1. サブドメインを設定する まずは利用中のドメインにサブドメインを設定します。エックスサーバーのサーバーパネルにログインして操作します。サブドメインを設定する流れは以下の通りです。 のサー ...

サーバーTips もっと見る

サーバー移行・ドメイン移管

レンタルサーバーを乗り換えたい、ドメイン管理を別会社に移管したいなど、サーバー移行ドメイン移管のやり方、つまづきがちな点をまとめています。

もっとコスパがいいレンタルサーバーに移行したいけどどうやってやればいいの?という疑問を解決します!

サーバーTips

Xserverからシンレンタルサーバーへサーバー移行は簡単!ドメインそのまま、ダウンタイムなし。

この記事ではXserverからシンレンタルサーバーへサーバー移行する方法をステップバイステップで解説します。 Xserverを使っているけどシンレンタルサーバーが気になっている、使ってみたいと思っている方、Xserverだけでなく他社サーバー利用中でもシンレンタルサーバーへ簡単に移行できます。 もちろん、ドメインはそのまま、ダウンタイムなし(サイト・メールが使えない期間なし)でサーバー移行が可能です。 シンレンタルサーバーを使うメリット シンレンタルサーバーは、元々運営する別ブランドのサーバーサービスでし ...

WEB Tips ウェブ・アプリ

サーバ移行でOutlookに同じメールアドレスを登録する方法

レンタルサーバーの移転中は、メール受信は旧サーバー、新サーバーのどちらに届くかわからない状況になります。 どちらのサーバーに届いても漏れなく受信するため、メールソフトには旧サーバと新サーバのメールアカウントを設定する必要があります。 しかし最新のOutlookでは、既に設定ずみのメールアドレスを新たに登録しようとすると、「このメールアドレスは既に追加されています」と表示されて先に進めず設定できません。 この記事ではエラーを回避して同じメールアドレス(新旧サーバーのメールアドレス)を設定する方法の解説です。 ...

WordPress Tips サーバーTips

ConoHa WINGへWordPressを移行する手順【SSLダウンタイムなし】

SSL化したWordPressをダウンタイムなし(サイトが表示されない期間なし)でConoHa WING(コノハウィング)へ移行する手順をまとめています。 サーバーを移行するとサイトが表示されなくなる? ドメインそのままでブログを引越しをできる? ConoHa WINGにサーバー移行・移転をしたいけれど、このようなことが心配になってしまいますよね。 でもこの記事の手順を踏めば、サイトが見れなくなってしまう心配なし、ドメインもそのままで安全にサーバー移行することが可能です。 この記事でわかること 他社からC ...

一覧へ

ドメイン

エックスサーバーからお名前.comへドメイン移管する方法

独自ドメインを維持するには毎年更新していかなくてはいけませんが、更新費用をもっと安く抑えたいと思っている人も多いのではないのでしょうか。 ドメインサービス各社では、ドメイン移管キャンペーンを行なっている時があります。 このドメイン移管キャンペーンを利用すると、ドメインが格安で更新できます。 例えば現在、お名前.comではドメインが3年間無料になるキャンペーンを行なっています。 ムームードメインでも「【全額返金】ドメイン移管費用100%キャッシュバックキャンペーン」中です。(2024年2月29日(木)23: ...

ドメイン

ドメイン移管に必要な認証コード(オースコード)の確認方法

ドメイン移管するときに必ず必要になるのが、認証コード(オースコード/AuthCode)です。 認証コード(オースコード)とは、不正なドメイン移管を防ぐためにドメインに割り当てられている半角英数字からなる文字列です。 認証コード(オースコード)は、ドメインを管理会社によって「認証コード」、「認証鍵」などの名称で呼ばれています。 認証コード(オースコード)の呼び名いろいろ AuthCode 認証コード 認証鍵 認証キー ドメインパスワード 汎用JPや属性型JPドメインにはオースコードはありません。.comや. ...

ドメイン

承認メールが届かない?ドメイン移管・SSL取得に必要!WHOISメールアドレスの変更方法

この記事ではドメイン移管やSSL証明書の取得プロセスで承認メールの送信先になる「WHOISのメールアドレス」を変更する手順について解説しています。 独自ドメインを所有する個人や企業にとってWHOIS情報は重要な要素です。 WHOISには、ドメイン所有者の個人情報や企業情報が登録されていて、この情報が必要になるケースには以下のようなものがあります。 ドメイン移管(ドメイントランスファー)ドメインの管理会社を変える場合、ドメイン移管の承認メールがドメイン所有者に送信されます。移管時にWHOIS情報が正確でない ...

一覧へ

ドメイン管理を他社へ移管するには事前設定が重要。失敗しないドメイン移管!

WEB Tips ウェブ・アプリ

無料 Outlook フリーメールの使い方と活用方法

Outlookは、Microsoftが提供しているフリーメールサービスです。 以前はHotmailという名前を覚えている方も多いのではないでしょうか。 Hotmailはインターネット初期の1990年代からある無料メールサービスで現在はOutlook.comに統合されています。 OutlookというとWordやExcelなどOffice製品に含まれるのメールソフトのOutlookと同じ名前なので紛らわしいのですが、Officeを持っていなくても使える、無料のWebメールです。 Microsoftアカウントが ...

WEB Tips ウェブ・アプリ

Proton Mailとは? 安全性と使い方、無料で1GBにする方法

Proton Mailは送受信される全てのメールをエンドツーエンド暗号化するセキュリティとプライバシーを重視したフリーメールサービスです。 この記事を読むと以下のようなことがわかります。 Proton Mailとは?安全性は? 無料でできること、有料プランとの比較 無料で容量を500MBから1GBにする方法 それではProton Mailの特長と使い方について深掘りしていきます。 Proton Mailとは? https://proton.me Proton Mailは、スイス・ジュネーブに本社があるPr ...

WEB Tips ウェブ・アプリ

悪用厳禁!登録不要で即使える捨てメアド・メルアドぽいぽいの使い方

本記事ではGmailよりも簡単に使える捨てメアド・メルアドぽいぽいの使い方をまとめています。 捨てメアド(捨てアド)とは、短期間のみ必要な登録や確認のために一時的に使うメールサービスです。 「メルアドぽいぽい」は、GmailやYahoo!メールのように登録する手間が不要・電話番号不要で、メルアドぽいぽいを開けば即メアドが取得できてすぐに使える状態です。 ニュースサイトの記事を読みたい、Webサービスにログインしたいけど自分のメアドは登録したくない、という時に最適なメールサービスです。 メルアドぽいぽいは登 ...

Web Tips - ウェブ制作に役立つヒント

デザインからコーディング、アプリのことまで、Web制作で役立つヒントやコツ、トラブル対応などいろいろ掲載中。

今やウェブサイトのSSLは当たり前。SSL証明書の取得からトラブル解決まで丁寧に解説。

SSL サーバーTips

CPIサーバーの無料SSL設定と常時SSL化する手順

CPIの共有レンタルサーバー「ビジネススタンダード」では、2023年から主契約ドメインだけでなくマルチドメインも無料でSSLを導入することができるようになりました。この記事ではCPIサーバーで無料SSLの導入し、常時SSL化する手順をまとめます。 すべてのドメインで無料SSLが利用できるのは、最新プランの「」を利用している場合のみになります。それ以前のプランSV-Basic,ACE01などは対象にはなりません。 関連記事実体験中・法人向けレンタルサーバー、CPIシェアードプランの機能を解説 CPIの無料S ...

SSL サーバーTips

ConoHa WING SSL有効化が押せない、設定中の時間は?

この記事ではConoHa WINGの無料独自SSLの設定をしたのに設定中のまま変わらない、WordPressかんたんSSLのSSL有効化ボタンが押せないなど、ConoHa WINGで起こりがちなSSL設定トラブルの原因、解決方法をまとめています。 この記事でわかること 無料独自SSLがONにならない原因 WordPressかんたんSSLの有効化ができない原因 SSLが有効になるまでの時間 ConoHa WINGの機能・特徴は以下の記事でまとめています。ConoHa WINGがおすすめな理由と料金プランの選 ...

SSL

【2024年最新】格安で取得できるSSLサーバー証明書のまとめ

今やウェブサイトのSSL化は当たり前の時代。無料SSL対応のレンタルサーバーも多くなりました。 でも昔から契約しているレンタルサーバーなどは古い仕様のままで、無料独自SSLには対応していない場合があります。 無料独自SSLに対応していないレンタルサーバーは「共用SSLのみ利用可能」だったり「独自SSLは有料オプション」・・・ということがあります。 このようなサーバーでサイトをSSL化するには、独自SSL証明書を別途導入しなくてはいけません。 関連記事WebARENA SuiteXに格安SSL証明書を導入し ...

SSL サーバーTips

WebARENA SuiteXに格安SSL証明書を導入してSSL化する方法

NTTPCコミュニケーションズが提供する共用レンタルサーバーWebARENA SuiteX。 SuiteXシリーズには、V1・V2というバージョンがあってV1には無料SSLがついていません。 V1のように古いプランを昔から契約してると、Webサイトを常時SSL化するにはSSL証明書を別途購入する必要があります。 WebARENAで導入をしてもらうこともできますが、安くても年間38,280円かかります。※グローバルサイン・クイック認証SSLの場合 でも格安のサーバー証明書を購入してインストールすれば、常時S ...

SSL 目的・機能で選ぶレンタルサーバー

他社で購入のSSL証明書持ち込み可の共有レンタルサーバー

SSLサーバー証明書の持ち込みとは? 共用レンタルサーバーでSSLを利用するときに他社で購入したSSLサーバー証明書を使う(インストール)することを言います。 専用サーバーやVPSサーバーの場合は自由度が高いので他社で購入したSSL証明書をインストールすることは可能なことが多いですが、共用レンタルサーバーの場合はサーバーの仕様などの問題で許可されている場合とされていない場合があります。 他社で取得したSSLを持ち込みできるということは、サーバー移転前にSSL証明書を設定できたりするのでサーバー移転を検討し ...

SSL サーバーTips

httpからhttpsへSSLリダイレクト .htaccess編集

SSLサーバ証明書をインストールしてウェブサイトを常時SSL化したらhttpをhttpsにリダイレクトも忘れずに設定しましょう。 HTTPリダイレクトを設定しておけば ブックマークされたURL 検索エンジンにインデックスされたURL などにアクセスがあった場合にhttps化されたページにリダイレクトしてくれます。 検索エンジンの評価を引き継ぐ 検索エンジンではhttpから始まるURLとhttpsから始まるURLは別物とみなされます。 HTTPSリダイレクトを正常に設定しておけば、httpでのSEO評価をh ...

一覧へ

WordPress Tips

WordPressのカスタマイズ、テーマやプラグインの使い方、トラブルシューティングなどを掲載しています。

WordPress Tips

current_postを使って特定数の投稿の時に処理する

WP_Queryクラスのcurrent_postプロパティを使って、ループ内で現在の投稿が何番目の投稿かを取得していろいろやりたいときのメモです。 current_postを使って、ループ内の何番目の記事かカウントする <?php if ( have_posts() ) :while ( have_posts() ) :the_post(); $count = $wp_query->current_post + 1; echo $count; endwhile; endif; ?> WP ...

WordPress Tips

Affinger 見出しタイトルやボックスを目立たせるふきだしスタイル

には見出しやCTAボタンの上にふきだしをつけることができます。 ふきだしは周りのコンテンツとの視覚的な対比によって目立ちやすく、重要な情報を伝えやすくなります。またデザインの自由度が高いため、訪問者にとって重要な情報をわかりやすく伝え、アクションを促すことができます。 ふきだしスタイルを効果的に使うことで良いユーザーエクスペリエンスを提供することができます。この記事ではAffingerのすきだしスタイルの種類、使い方をまとめています。 ミニふきだし Affingerのミニふきだしはクラシック段落ブロックか ...

WordPress Tips

Advanced Custom Fields の項目上限数

Wordpressのカスタムフィールドを柔軟に追加できる高機能なプラグイン「Advanced Custom fields」 https://www.advancedcustomfields.com/ せっかく登録したのに、なぜか消えている・・・というショックな出来事が何回か続いたため調べてみました。 どうやら、php.iniの max_input_vars の設定によるもののようです。 Dos攻撃を防ぐ目的で、PHP5.3.9から導入されたもので、設定数以上の変数が送られてくるとその部分は削除されるように ...

WordPress Tips

Regenerate Thumbnailsでエラーの原因はエックスサーバーのセキュリティ対策だった

Regenerate ThumbnailsはWordPressで既に登録済みの画像のサイズを一括でリサイズしてくれる便利なプラグインです。 Regenerate Thumbnails 頻繁に使うプラグインではないですが、サイトをリニューアルする時にいっぺんに画像がリサイズできるので大変重宝しています。 Regenerate Thumbnailsがエラーが出て動かない状況 先日もあるサイトでRegenerate Thumbnailsを使ってサムネをリサイズしようとしたところ見慣れぬ画面が。。。 エラーのよう ...

WordPress Tips

WordPress 自動で挿入されるpタグを除去する方法

WordPressのクラシックエディタでは改行すると、勝手に<p></p>や<br>を挿入してくれる機能がありますね。でもhtmlを直接書いたり、ショートコードを使いたい時にも自動で挿入されてしまい、デザイン上妙な空白が開いたりしておかしくなることがあります。 テーマのfunctions.phpを編集する pタグやbrを勝手に入れないようにするのに、プラグインを使う方法もありますがfunctions.phpに記述する方が簡単だと思います。 wpautop() - Wor ...

WordPress Tips

[Contact Form 7] 投稿ページのタイトルや情報を取得してフォームの項目に表示する

タイトル通りですが、投稿記事のタイトルやカスタムフィールド の値をContact Form 7に引き渡して、フォームにデフォルトで表示させるには。 イベント・セミナーなどの予約申し込み、不動産の問い合わせ、商品についての問い合わせなどに有効ですね。 タイトルやカスタムフィールド の値をPOSTで取得してContact Form 7に渡す 値を取得してContact Form 7に渡すのはGET,POSTどちらでも可能ですが今回はPOSTでhiddenタグを使う場合でやります。 DEMO:イベント募集の投稿 ...

WordPress Tipsをもっとみる

人気ブログランキングへ
WP-Searchにサイト事例として掲載されています