広告 サーバーTips ドメイン

XserverのメールがGmailに届かない時の対処法:ドメインにSPF、DKIMを追加する方法

本記事にはプロモーションが含まれている場合があります。

XserverのメールがGmailに届かない時の対処法:ドメインにSPF、DKIMを追加する方法

フィッシング詐欺目的のなりすましメールが溢れていてGmailなどメールサービスのスパムフィルタもどんどん判定が厳しくなっています。

自分のメールがスパム判定されないために、送受信の暗号化はもちろんのこと、SPFレコードの設定DKIM署名の有効化を行うことが重要になります。

この記事ではエックスサーバー を使っている人向けに迷惑メールに判定されないためのSPF、DKIM設定について解説します。

XserverでドメインにSPF設定を追加する→既に追加されている

※エックスサーバーでは、以前は手動でSPFレコードを追加するような形でしたが、現在はドメインを追加した時に自動でSPFレコードが追加されるようになっているとのことです。

また、2022年のメンテナンスで既にエックスサーバー に追加されているドメインにもSPFレコードが設定されました。

SPFレコードの値を確認するには

サーバーパネルのDNSレコードから、値を確認することができます。

ドメインを選択します。

DNSレコード一覧のタブを選択します。

設定されているDNSレコードの一覧を確認できます。

v=spf1から始まるTXTレコードがSPFレコードです。

SPFレコードを設定していてもGmailにメールが届かない場合

Gmailなど特定の宛先にメールが届かなくなってしまった場合の方法として、SPFレコードを修正することで、解消するかもしれないと、エックスサーバーサポートページで紹介されています。

ホスト名example.com
種別TXT
内容v=spf1 +a:sv***.xserver.jp +a:example.com +mx include:spf.sender.xserver.jp include:_spf.google.com ~all
優先度0

include:ドメインを追加設定します。

※必ず解決するわけではないようです。

XserverでDKIMレコードを設定する

エックスサーバーではスパム判定の要素の一つ、DKIMの設定も簡単に行うことができます。

サーバーパネル>メール>DKIM設定から行います。

DKIM設定追加タブで、「設定する」をクリックします。

これだけで完了です。簡単ですね。

設定されたDKIMレコードは以下のようになっています。

SPFレコードに加えてDKIM設定をしておけば、ドメイン(送信元メールアドレス)の信頼性が向上します。

これにより、自分のメールがスパム扱いになることがなくなり、メルマガ配信などでもメール到達率の向上が期待できます。

エックスサーバーを利用していれば、DKIM設定は無料で簡単に設定できるのでぜひやっておくべきですね。

エックスサーバー

今月キャンペーン特典があるサービス

  • エックスサーバー
    利用料最大35%キャッシュバックで月額費用643円&ドメイン永久無料 - 2023年11月28日(月)12:00まで
  • ConoHa WING
    WINGパック36ヶ月で月額643円 55%OFF - 2023年11月30日(木)16:00まで
  • カラフルボックス
    ドメイン永久無料特典とBOX2以上の月額費用が50%OFFのクーポンコード「SERVER50

-サーバーTips, ドメイン
-, ,