WordPress Tips ドメイン 目的・機能で選ぶレンタルサーバー

サーバー・ドメイン完全無料でWordPressを始める方法

2023-10-21

本記事にはプロモーションが含まれています。

サーバー・ドメイン完全無料でWordPressを始める方法

ソラミ♪

Webエンジニアをやりつつ、デザインにも携わる株式会社コムワークの中の人。WordPress、Adobeアプリ、カワウソ好き。 2015年から当ブログ運営|2008年からGmail使用中|WordPress制作10年以上|15社以上のレンタルサーバー利用経験|100件以上のドメイン取得運用|サイト・ドメイン移転多数 »  もっとくわしく

この記事ではレンタルサーバー、ドメインすべて無料でWordPressブログを始める方法について解説しています。

WordPressを始めるには、WordPress、レンタルサーバー、ドメインの3つが必要です。

WordPress自体は無料で使えますが、レンタルサーバー・独自ドメインは基本的に有料になります。

しかし世の中には無料で使えるレンタルサーバーやドメインも存在します。

お金をかけたくない、続けられるかわからないからまずは無料で試してから始めてみたいと思っている方に無料サービスを使ってWordPressブログを始める方法を説明します。

  • ブログを始めたいけど、なにから始めるのがいいのかな?
  • 無料でWordPressブログを始める方法が知りたい
  • お金をかけずにWordPressブログを始める方法が知りたい

この記事ではこのような疑問が解決できます。

完全無料でWordPressをはじめる方法

冒頭でWordPressをはじめるにはWordPress、レンタルサーバー、ドメインの3つが必要と言ってしまいましたが、レンタルサーバー、ドメインが無くてもWordPressを使う方法があります。

「完全無料」という観点からWordPressを利用する方法は2通りです。

  1. WordPressのブログサービスを利用する
  2. 無料ドメイン・無料レンタルサーバーを使ってWordPressを利用する

この2つの方法について説明します。

WordPressのブログサービスを利用する

一つ目はWordPressの無料ブログサービス。

アメブロやFC2ブログなどのブログサービスと同じようにWordPressでブログを開設することができます。

WordPressの無料レンタルブログサービス2社

WordPressのレンタルブログサービスで信頼性があっておすすめのサービスは以下の2社です。

WordPress.comはアメリカ、カリフォルニアの企業Automatticが運営しているブログサービス。AutomatticのCEOはWordPressの創設に関わっており、AkismetやJetPack、WooCommerceなど人気が高く、利用者の多いWordPressプラグインをリリースしていることでも有名です。

シン・ブログ(旧Wpxブログ)はエックスサーバー が運営するWordPressブログサービス。無料でも独自ドメインが利用できたり、作成できるブログは5つなどWordPress.comより無料でできる機能が充実しています。

WordPress.comシン・ブログ
運営会社Automattic(アメリカ)エックスサーバー (日本)
ディスク容量1GB3GB
独自ドメイン
ドメインは取得は有料
作成できるブログ数15
プラグイン追加
インストール済みのプラグインのみ
WordPressレンタルブログサービス2社の機能

WordPressブログサービスのメリット・デメリット

ココがおすすめ

  • WordPressのインストール不要
  • すぐにWordPressブログが開設できる
  • サーバー管理など技術的なことを意識しなくてもいい

デメリット

  • 機能の制限が多い、カスタマイズできるのはごく一部
  • 運営社側の広告が表示される
  • アフィリエイトやAdsense広告が貼れない
  • サービス停止になる可能性がある

WordPressのレンタルブログサービスは手軽に始められる反面、機能が制限されているのでやりたいことができないといったことになります。

制限を解除するには上位の有料プランに変更する必要があります。

レンタルブログサービスは本格的なブログ運営には不向き

WordPressにまずは触ってみたい、日記感覚で運営したいという人向きのサービスになります。

無料ドメイン・無料レンタルサーバーでWordPressを使う

2つ目は無料ドメイン・無料レンタルサーバーでWordPressをはじめる方法です。

レンタルサーバースペースにWordPressをインストールして利用するため、レンタルブログサービスに比べて自由度が高くなります。

無料ドメイン・無料レンタルサーバーでWordPress始めるのに向いている人

  • コスト負担なしでWordPressを使いたい
  • WordPressのテスト環境が欲しい

WordPressが使える無料レンタルサーバーでおすすめなのは以下の3つです。

  • Xfree(エックスフリー)新規受付終了
  • シン・クラウド for Free
  • StarServerFree(スターサーバーフリー)
  • XREA(エクスリア)

この3つのサービスについては次章で詳しく説明しています。

完全無料でWordPressブログを始めるまでのステップ

ここからは無料ドメイン、無料レンタルサーバーでWordPressをはじめる具体的な方法について説明します。

WordPressをはじめるのに必要なステップは2つです。

  • WordPressが使える無料レンタルサーバーを選ぶ
  • 無料でドメイン取得する

1. WordPressが使える無料レンタルサーバーを選ぶ

WordPressを使うには、PHP(プログラム)とMySQL(データベース)が使えるサーバーが必要です。

この条件を満たした無料レンタルサーバーでおすすめは3つです。

Xfree
※新規受付終了
シン・クラウド for FreeStarServerFreeXREA
プランWordPressプラン--フリー PHP+MySQLXREA Free
容量2GB10GB2GB2GB
独自ドメイン5個10個1個1個
PHP
MySQL5個5個1個1個
独自SSL
メールアカウント100個
広告表示広告あり
スマホ・タブレットのみ
なし広告あり
スマホのみ
広告あり
運営会社エックスサーバー エックスサーバー ネットオウルGMOデジロック

Xfree (新規受付は終了

※新規受付は終了しています。後継としてシン・クラウド for Freeがリリースされています。

エックスサーバー が運営する無料レンタルサーバーサービス。無料でもオールSSD対応などハイスペックなサーバーが提供されています。

無料プランは3つあり、HTMLのみなら広告表示なしで利用できるプランもあります。

さらに独自ドメインが使えてWordPressも使えるプランが用意されています。

ただし、無料SSLには対応しておらず、メールも利用不可となります。

シン・クラウド for Free

https://www.xfree.ne.jp/

エックスフリーの後継サービスで、機能が大幅にアップした無料サーバーになっています。

広告なし、SSD10GB!さらに無料独自SSL対応でWordPressの運用ができるという太っ腹な無料サーバーです。

メールは使えませんが、FTPでの接続もできてPHP,Perl,Python,Rubyが使える自由度の高さが魅力です。

機能内容機能内容
費用無料ディスク容量10GB
利用期限3ヶ月
3ヶ月ごとに更新手続きが必要
利用可能なプログラムPerl / PHP / Ruby / Python / SSI
ドメイン5個PHPバージョンPHP7,8
サブドメイン50個データベースMariaDB 10.5.x
無料独自SSLデータベース数5個/容量500MB
メールWordPress簡単インストール
FTPSSH
サポートファイルマネージャー

StarServer Free

https://www.star.ne.jp/free

こちらは高機能、格安レンタルサーバーで知られるスターサーバーを運営するネットオウルの無料レンタルサーバーです。

ネットオウルはエックスサーバーのグループ会社なのでエックスサーバー同様に信頼度は高いです。

無料サーバーの仕様もエックスフリーと似ています。

こちらの広告表示もスマホからのアクセスのみ表示されるようになっています。

こちらも無料SSL、メールは非対応です。

XREA Free

https://www.xrea.com/

こちらも格安レンタルサーバーで知られるXREA が提供する無料レンタルサーバーです。

無料レンタルサーバーの歴史は古く、無料ながらメールアカウントも取得でき、データベースもMySQLとPostgreSQL、SQLiteが利用可能、無料SSLにも対応しているなど機能が充実しています。

有料プランもありますが、無料プランは1つになります。

2.無料でドメイン取得する

次はドメインを無料で取得する方法です。無料ドメイン取得は、レンタルサーバーに比べてハードルが高い印象です。

無料でドメインが取得できる代表的なサイト

  • Freenom
  • Dot TK
  • non IP(サブドメイン)
  • Dynamic DO!.jp

Freenom

https://www.freenom.com/

Freenomはドメイン取得サービスを行っているオランダの会社です。

Freenomでは.comや.netのような一般的なドメイン(有料)の取得ができるほか、特定の無料ドメインを扱っています。

無料ドメインは
.tk / .ml / .ga / .cf / .gq
という見慣れないドメインになります。

辞書に載っている単語、3文字以内の単語は特別あつかいになり有料となります。

2023年2月現在、技術的な問題で新規登録ができないとメッセージが表示されていて、ドメインの取得ができないようです。

Freenomでドメインを検索しても「利用不可」「Not Available」となることが多いです。解決策として、
・「hogehoge.tk」 のようにトップレベルドメインまで含めて検索する
・サインインした状態で検索する
などの方法があるようなのですが、利用不可は変わらなかったり、サインインできなかったりして私はうまくいきませんでした。

Dot TK

http://www.dot.tk/

こちらも.tkドメインが取得できるサイトです。

.tkとはニュージーランド領土の「トラケウ」に割り当てられているccTLD(国別トップレベルドメイン)です。日本で言う.jpと同じです。

Freenomでも.tkドメインが取得できますが、こちらのサイトでも取得可能です。

利用するには条件があり、90日間で25回のアクセスがない場合は自動停止になります。また取得後12ヶ月で更新手続きが必要となります。

No IP

https://www.noip.com/

ダイナミックDNSサービスを提供しているサイト。

有料・無料プランがあり、無料プランの場合はddns.netのサブドメインを利用できます。(独自ドメインではないです・・・)

無料ドメインのデメリット

無料ドメインを取得できるサイトを紹介しましたが、無料ドメインを使う上でのデメリットもあります。

  • 取得にはさまざまな条件がある
  • 無料で使うには都度、更新作業が必要
  • フィッシング詐欺サイトなどで使われているためユーザーに不信感を与える
  • レンタルサーバーによっては.tk.mlなど利用できない場合がある
  • 突然利用できなくなる恐れがある

このように無料ドメインには取得・利用にかなり制限があります。

突然利用停止になる不安定さ無料を維持するための労力を考えると無料ドメインはあまりお勧めできません。

年間1000円台で.comや.netなど人気のドメインを有料で取得する方が断然良いと思います。

ドメインを格安で取得する方法

無料ドメイン以外の方法でドメインを格安で取得するには、他にどんな方法があるでしょうか。

二つのパターンを紹介します。

初回1円〜格安でドメインを取得する

ドメイン取得サービスを行っている会社では随時ドメイン取得が1円でできるキャンペーンを行っています。

人気の.comや.netが1円から取得することが多いです。(2年目以降は更新費用が発生します。)

更新費用はドメインの種類、管理会社によって違います。

 .com.net.jp
 新規取得更新費用新規取得更新費用新規取得更新費用
Xserverドメイン

1円

1428円

1円1670円350円3102円
お名前.com 0円

1408円
1〜4個保有+
サービス維持調整費

0円

1628円+
サービス維持調整費

0円

3124円+
サービス維持調整費

ムームードメイン 750円

1728円+
サービス維持調整費

1628円

1628円+
サービス維持調整費

2035円

3344円+
サービス維持調整費

スタードメイン980円1780円1100円1928円1900円3100円

お名前.comでは、ドメインの保有数によって更新費用が割引されるシステムになっています。

GMOグループ(お名前.comやムームードメイン)では2023年2月から「サービス維持調整費」なるものが導入され、ドメイン取得・更新価格の10〜20%が上乗せされます。

スタードメインは1円からドメイン取得ができるわけではありませんが、スタードメインでドメインを取得すると無料レンタルサーバー(広告表示なし)がついてくるというサービスを行っています。

オールSSDでWordPressも使える高機能サーバーを「ドメイン費用だけ」で利用可能になります。

ドメイン無料特典があるレンタルサーバーを選ぶ

もう一つの方法は、レンタルサーバーの無料特典としてドメインを取得することです。

レンタルサーバーの利用料は発生しますが、契約している間はドメインは無料で使えます。

ドメイン無料特典があるおすすめレンタルサーバー

  • エックスサーバー
    12ヶ月以上サーバー契約で.comや.netなど11種類の中から1つドメイン永久無料
  • ConoHa WING
    WINGパック契約で独自ドメイン2つが永久無料(対象ドメイン20種類)
  • ロリポップ!
    ハイスピードプラン以上・12ヶ月以上契約でドメイン45種類から1つドメイン永久無料
  • カラフルボックス
    BOX2以上、12ヶ月以上の契約でドメイン1つ永久無料(対象ドメイン6種類)

ドメイン無料のレンタルサーバーは、以下の記事でもっと詳しく解説しています。
契約中はドメインが無料になるレンタルサーバー

※GMO、GMOグループのConoHaやロリポップ!はドメイン同様、サーバー代金にもサービス維持調整費10%〜20%が上乗せされます。

まとめ

無料ドメイン、無料レンタルルサーバーでWordPressをはじめる方法について解説しました。

この記事で紹介した無料レンタルブログサービスや無料レンタルサーバー、無料ドメインを利用すればお金をかけずに、簡単にWordPressブログをスタートすることができます。

しかし無料で使うためには色々な機能制限や条件があるため、無料だからいいというわけではないのが現状です。

収益を上げているブロガーさんの多くがWordPressを利用しています。

ブログで収益を生むにはアフィリエイトやAdsenseなどの広告収入が主です。ブログで広告収入を得るためには月1000円程度のサーバー費用は必要経費と言えるでしょう。

まずは無料でWordPressを始めたいという人は本記事で紹介したサービスがおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソラミ♪

Webエンジニアをやりつつ、デザインにも携わる株式会社コムワークの中の人。WordPress、Adobeアプリ、カワウソ好き。 2015年から当ブログ運営|2008年からGmail使用中|WordPress制作10年以上|15社以上のレンタルサーバー利用経験|100件以上のドメイン取得運用|サイト・ドメイン移転多数 »  もっとくわしく

-WordPress Tips, ドメイン, 目的・機能で選ぶレンタルサーバー
-, , , , ,