エックスサーバーの新規申し込みからWordPressでブログを始めるまで

エックスサーバーの申し込みから独自ドメイン設定、WordPressをインストールしてブログを始めるまでの流れをわかりやすく紹介します。

1. エックスサーバー新規申し込み

エックスサーバーの公式ホームページ、中央右側にあるサーバー無料お試し10日間「お申し込みはこちら」をクリック

エックスサーバーの公式ホームページより新規申し込みをします。
エックスサーバー

初めてエックスサーバーに申し込みする場合は新規申し込み

エックスサーバーに初めて申し込む場合は「新規申し込み」をクリック。

申し込みフォーム入力

エックスサーバー申し込みフォームにある「サーバーID」は後から変更できないので注意が必要です

申し込みフォームに必要事項を入力、ここで一番大切なのは一番最初にある「契約内容」の「サーバーID(初期ドメイン)」と「契約プラン」です。

「サーバーID(初期ドメイン)」は自分専用の固有のIDで、後から変更することはできません。また希望する文字が既に使われている場合は重複して登録できません。スペルミスなどがあっても変更不可なので要注意です!

ここで決めた文字は、初期ドメインやFTPアカウントになります。初期ドメインとはXXX.xsrv.jpと行った「XXX」の部分になります。独自ドメインは契約後に設定します。

プランは契約後からでもアップグレードが可能です。※プラン変更はダウングレード(下位プラン変更)も可能ですが下位プランに変更可能なのはサーバーの契約期限月のみとのことです。

サーバーID、契約プランを決めて、個人情報等を入力したら申し込み内容を確認をクリックし確認画面に進みます。

申し込み内容確認画面に進んだら、サーバーID、契約プラン、入力内容を確認して申し込みを完了します。

2.「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールを確認・お試し期間スタート

申し込みが完了したらサーバーの設定情報が記載されたメールが届きます

申し込みが完了したら、申し込み時に入力したメールアドレス宛てにエックスサーバーより「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (XXX.xsrv.jp)」という件名でメールが届きます。(「XXX」は自分で決めたサーバーID)

このメールにはエックスサーバーのインフォパネル(サーバー契約管理画面)、サーバパネル(サーバーの管理画面)へのログイン情報が記載されています。

お試し期間中は、メールアカウントの作成やFTPアカウントを新たに作れません。

3. エックスサーバー サーバーパネルにログイン

「サーバーパネル」とは実際にエックスサーバーのサーバー内でドメイン設定やメールアカウント、FTPアカウント、バックアップなど色々な操作するためのコントロールパネルです。

「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールに記載されている、▼ユーザーアカウント情報の部分に記載されている会員IDとインフォパネルパスワードを使い、まずはインフォパネルにログインします。

メールにインフォパネルのログイン情報が記載されています

インフォパネル」とはエックスサーバーの契約関連の管理画面です。

インフォパネルログインして最初に表示されるページに「ご契約一覧」があり、サーバーの部分に今回申し込みしたサーバーIDがあり、その右側に「操作メニュー」で「サーバー管理」「ファイル管理」というボタンがあります。

サーバーIDが記載されている右側にあるサーバー管理ボタンをクリック

「サーバー管理」をクリックするとエックスサーバのサーバーパネルへ遷移します。

インフォパネルにはエックスサーバーでドメインを取得した場合は取得ずみドメインも表示されます。

サーバーパネルに直接ログインも可能

サーバーパネルにはインフォパネルからでなく直接ログインすることもできます。

エックスサーバーのサーバーパネルのログインURL
https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

サーバーパネルで使うログインIDとパスワードはインフォパネルログインに使った会員ID,パスワードとは別物です。 サーバーパネルのログイン情報は「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールに記載されています。

4. 独自ドメインを設定する

エックスサーバーのサーバーパネルで独自ドメインを設定します。ここでは独自ドメインは既に取得していることを前提としています。

エックスサーバーで独自ドメインを取得・移管する方法

エックスサーバーで独自ドメインを取得する方法

 

サーバーパネルにログインします

サーバーパネル右上の「ドメイン」の中にある「ドメイン設定」をクリック

「ドメイン設定追加」タブを選択し、「ドメイン名」に独自ドメインを入力。
※無料独自SSLを利用する場合は「無料独自SSLを利用する」にチェック
※高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にするも基本的にチェックのままでOK

※無料独自SSLを利用するにはドメインのネームサーバーがエックスサーバーのDNSに向いていないとエラーになります!先にドメインのネームサーバー設定をするか、無料独自SSLはあとから設定も可能です。無料独自SSLを後から設定する方法

入力内容を確認後、「追加する」をクリックし、独自ドメイン設定が完了です。

この段階で独自ドメインをブラウザで確認しても「無効なURLです」と表示されます。 サーバー設定が反映されるまでに数時間〜2日ほどかかります。

5. WordPressをインストールする

エックスサーバーにはWordPressを簡単な設定だけでブラウザからインストールできる「WordPress簡単インストール」機能があります。

エックスサーバーのWordPress簡単インストールでWordPressをインストールします。

WordPress簡単インストール

サーバーパネルで左下にあるWordPressの中の「WordPress簡単インストール」を選択します。

ドメインを選択する画面になるのでWordPressをインストールしたいドメインを選択します。ページを進むと「インストール済みWordPress一覧」と「WordPressインストール」というタブがあるので、「WordPressインストール」のタブをクリック。

WordPressのインストールに必要な情報を入力します。

インストールURL

WordPressをインストールURLを指定します。ドメイン名+/(スラッシュ)以下を指定するとそれがWordPressのURLになります。ドメインのトップディレクトリをWordPressで表示させたい場合は/スラッシュ以下は何も入力しません。

インストールURLを後から変更するのは面倒なので注意して決めましょう

ブログ名

WordPressで作るブログ名、サイト名を入力します。ここは後からWordPress内で変更可能です。

ユーザー名

WordPressにログインするユーザー名です。アルファベットで指定。ユーザー名も変更できないので注意。

パスワード

ログインするパスワードを設定。後から変更可能ですがあまり簡単なもの(ユーザー名と同じとか)にすると不正アクセスの原因になるので注意。

メールアドレス

WordPress管理用のメールアドレスを入力します。

キャッシュ自動削除

cronによりWordPressのキャッシュを一定間隔で削除してくれます。

データベース

事前にデータベースを作成していない場合は、「自動でデータベースを生成する」を選択

以上の内容を確認し、「インストール」をクリック

インストール完了までに数秒〜数十秒かかる感じです。完了画面が表示され、WordPressのインストールが完了します!

ログインURLが記載されているのでクリックするとWordPressのログイン画面に遷移します。ユーザー名、パスワードでログインできたらWordPressが使えるようになります。

 

サーバーパネルのインストール済み一覧には作成したWordPressが表示されます。