法人向け、ビジネス用レンタルサーバーの比較・おすすめする厳選2社

サーバ基礎知識

法人(中小企業・個人事業主)向けの安心できるレンタルサーバーを選ぶには?

数あるレンタルサーバーから、より良いサーバーを選ぶのにお困りじゃありませんか?
コストだけを考えるなら安いサーバーはいくつもありますが、ビジネスでサーバーを利用する場合、安さだけで選ぶ事はできません法人が安心して利用できるレンタルサーバーの選び方のポイントと、おすすめのレンタルサーバーを約20年間ホームページ制作、企業のサーバー管理に携わってきたアラフォーWeb担当者が実際に運用して確かめた安定していて信頼できるレンタルサーバーを紹介します。

スポンサーリンク

法人向けレンタルサーバーおすすめ2社

上記を踏まえて実際に利用して確かめたレンタルサーバーの中でおすすめできるサーバー会社を紹介します。以下独断でのおすすめ順に表記しています。

XSERVER エックスサーバー

エックスサーバーは個人向けレンタルサーバーという感じですが法人でも多く契約している人気のレンタルサーバーです。私が知る限りでもエックスサーバーを契約している企業様やショップオーナーが何社もいますし私自身も利用中です。
エックスサーバーを使用して10年近くなりますがここ数年はエックスサーバーは

ウェブページの表示スピードアップ

につながる機能強化に力を入れているように思います。

  • webサーバがApacheからnginx(エンジンエックス)に
  • 次世代通信プロトコルHTTP/2によるコンテンツ表示
  • Xアクセラレータで静的ファイルのキャッシュやPHPの高速化

などが一例です。ウェブページの表示速度のスピードアップはSEO対策としても有効であるためユーザーには嬉しいことです。またサーバーキャッシュ設定やブラウザのキャッシュ設定(Expiresヘッダ、Cache-Controlヘッダ)など本来であれば.htaccessの編集が必要になる設定がサーバー管理画面から簡単に設定することができます。

ウェブページ表示速度のスピードアップ系機能以外にも「無料独自SSL」「WAF」など続々と新機能が追加されておりエックスサーバーは利用し続けたいレンタルサーバーの一つです。

バックアップはウェブサーバ、MySQLのそれぞれ自動で1日一回されています。そのほかサーバーコントロールパネルから手動でバックアップを取ることができます。

※エックスサーバーでは法人レンタルサーバーという位置付けで「エックスサーバービジネス」があります。エックスサーバーとエックスサーバービジネスの違いはMySQLの無制限、セコムセキュリティ診断などでしょうか。法人レンタルサーバーということでエックスサーバーよりもセキュリティに配慮された機能が提供されています。

プランスタンダード(x10)プレミアム(x20)ビジネス(x30)
初期費用¥3300¥3300¥3300
月額費用¥990¥1980¥3960
ディスク容量300GB400GB500GB
マルチドメイン無制限無制限無制限
データベースMySQL 無制限MySQL 無制限MySQL 無制限
その他
お試し10日間
無料独自SSL
FastCGI,
OPcache,
mod_pagespeed提供
SSH利用可
FTP制限可(.ftpaccess)

お試し10日間
無料独自SSL
FastCGI,
OPcache,
mod_pagespeed提供
SSH利用可
FTP制限可(.ftpaccess)

お試し10日間
無料独自SSL
FastCGI,
OPcache,
mod_pagespeed提供
SSH利用可
FTP制限可(.ftpaccess)

CPIレンタルサーバー

CPIはKDDIグループで官公庁や法人利用が90%と謳っているレンタルサーバーです。専用サーバーから共用サーバまでプランがありますが共用レンタルサーバーは月額3800円(税別、12ヶ月払いの場合)となっています。

エックスサーバーをはじめとした人気レンタルサーバーと言われるレンタルサーバーの利用料から比べると割高に感じるかもしれません。しかしビジネス用途のレンタルサーバーとしては嬉しい機能が充実しています。

CPIレンタルサーバーの嬉しい機能
  • ディスク容量、メールアカウント、マルチドメイン、DB(MySQL)が無制限
  • 公開サーバ、テストサーバ、バックアップサーバが標準装備されていてコントロールパネルからクリックでリリースやバックアップ、リストアが行えるSmartRelease機能
  • なおかつ1日一回自動バックアップのほか、手動でバックアップが行える。
  • Webサーバー、メールサーバーが別々なのでどちらかでトラブルがあっても影響は少ない
  • WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が標準提供

などが私がCPIを利用していて嬉しいと感じる機能です。

中でもSmartRelease機能は本当に便利ですね。本番環境へリリースする前のステージング(テスト)環境が用意されているのは事前確認に重宝しておりまた同じサーバー環境なのでリリース後に動かないなどトラブルもありません。

特定のファイルを選んでバックアップやリリースすることもできます。またデータベースも自動バックアップされているので何かあったときにはリストアも可能です。
これらの操作をブラウザ上でできるのはわかりやすくていいですよね。

あとこれで無料独自SSLが利用できるようになったら満足度は100%と言ってもいいでしょう。

シェアードプラン ACE01_2015
¥3800
SLA(品質保証制度)100%
IDC 都内設置
サーバー移転代行サービス

 

タイトルとURLをコピーしました