法人向け!メール誤送信防止・添付ファイル暗号化できるレンタルサーバー

目的・機能で選ぶレンタルサーバ

昨今はLINEやSNS、アプリ上でのやりとりも増えてメールを使う機会が減ってきた・・・という人も多いと思います。携帯のキャリアメールも今はあまり需要がない感じがします。

しかしビジネスにおいてはまだまだEメールは主流と言っていいでしょう。ビジネスでのメールのやりとりで気をつけなければならないのは、メール誤送信や個人情報・機密情報の漏洩リスクです。

  • BCCで送るべきメールをCCで送ってしまった・・・
  • 宛名を間違えてしまった・・・
  • 添付ファイルを間違えてしまった・・・

などなど、自分では気をつけているつもりでも防ぎきれないのが実情です。商談やミーティングなど直接会う機会が少なくなった今、メールのやりとりは重要性を増しています。そこでヒューマンエラーなどリスク対策ができるサービスがレンタルサーバーでも用意されています。

スポンサーリンク

メール誤送信対策 Active! gateが使えるレンタルサーバー

Active!gateは株式会社クオリティアが提供するメール誤送信対策製品です。

管理者・グループ・ユーザー単位でメールセキュリティルールを設定することが可能なシステムです。

メール誤送信防止 Active!gate

Active! gateのメール誤送信防止機能

  • 送信メールの一時保留
    設定した条件によって、一定時間メールの送信を隔離・保留する機能
  • 添付ファイルの暗号化
    添付されたファイルを自動的に暗号化して送信する
  • 添付ファイルのWebダウンロード
    設定した条件によって添付ファイルを分離してWebからダウンロード、本文のみメールする
  • Bcc強制変換
    送信宛先やCCに大量にアドレス入力されていた場合自動的にbccに変換される機能
  • 送信拒否
    キーワード、時間、送信者によって送信拒否できる機能
  • 時間差配信
    社内、グループ会社、外部など時間差でメール配信する機能

Active!gate対応レンタルサーバー

サーバオプション月額契約単位

CPIレンタルサーバー
サーバー月額費用4,180円
スタンダードコース 2,200円(税込)/月
セルフコース 3,300円(税込)/月
10メールアドレス単位

カゴヤ・ジャパン
サーバー月額費用(SS2)
1,760円
標準 264円/1アドレス
上司承認付きオプション 330円/1アドレス
1メールアドレス単位

※上記はサーバーのオプションサービスとなり、サーバ月額費用とは別料金です。

CipherCraft/Mailが使えるレンタルサーバ

CipherCraft/Mail(サイファークラフトメール)はNTTテクノクロス株式会社が提供するメール誤送信対策。導入実績2,400社以上で国内では高いシェアを持つサービスです。

  • メール誤送信防止機能
  • パスワード暗号化機能
  • 一時保留機能
  • 宛先漏えい防止機能
  • 上長承認機能 (送信前承認・送信後承認)
  • 宛先Bcc追加機能

CipherCraft/Mailが導入できるレンタルサーバ

大塚商会のアルファメール プレミアのオプションサービスとして提供されています。(正確には「CipherCraft/Mail」サーバ版をベースに提供されていて一部利用できない機能がある)

サーバー会社月額費用サービス内容

アルファメール プレミア
サーバー月額費用 3,800円/月
オプションサービス
1パック(10個) ¥1,000/月
自己承認機能
上長承認機能
BCC自動追加機能
メール一時保留機能
添付ファイルのパスワード暗号化機能
宛先漏えい防止機能
※上記はサーバーのオプションサービスとなり、サーバ月額費用とは別料金です。

メール添付ファイル自動暗号化できるレンタルサーバ

NTTPCコミュニケーションズSuiteXのメールプレミアムプランではActive!gateではありませんが、外部宛てに送信するメールの添付ファイルを自動的にパスワード付きZipへ暗号化できる機能が標準搭載されています。

サーバー会社月額費用サービス内容

SuiteX メールプレミアム
プラン 100 ¥4928/月
プラン 200 ¥9856/月
料金プランの標準機能として提供されています。
・添付ファイル自動暗号化
・マイナンバー自動検出フィルタ
・パスワード有効期限
・メールアーカイブ(自動BCC)

タイトルとURLをコピーしました